【バーテンダーが選ぶ】宅飲みで聴きたい音楽10選【Vo.なし】

こんばんは、いのかずです。

今回は現役バーテンダーの僕がお酒を飲む時に雰囲気が出る曲をオススメしたいと思います。

バーで流れるようなジャズがメインになりますので

ウイスキー、カクテルを家で飲む方、バー好きの方にピッタリです。

町場のバーというよりは、上質でゆったりとした雰囲気のバーをイメージして選びました。

Spotifyで聴けるものばかりで、似たような曲も探せるのでリンクを貼っておきます。いのかずも愛用しています。

Spotify: 音楽のストリーミング。新しいアーティスト、プレイリスト、ポッドキャストを発見。Spotify: 音楽のストリーミング。
Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

Henry Mancini(ヘンリー・マンシーニ)

紹介するのはほぼヘンリー・マンシーニになるんですが、そのくらいお勧めです。

彼の音楽は華やかで優雅、気品があります。聴いていると、お酒で酔う前に曲を聴いている自分に酔ってしまいます。

Lujon

曲の始まりと終わりの物静かな感じが、まるで物語を想像させるような一曲です。

Royal Blue

曲名通りの優雅さがあります。上質なウイスキーと共にどうぞ。

The Pink Panther Theme

ピンクパンサーのテーマ曲。説明不要の名曲ですね。「えっ」と思われた方もいるかもしれませんが、意外にもお酒と合います。

Champagne and Quail

シャンパンと曲名に書いてあるくらいですから、お酒を飲むときに合わない訳がありません。もしかしたらシャンパーニュかもしれませんが、どちらにせよ、です。

Piano and Strings

とにかくピアノの旋律が美しい。ゆったりと美しい時間を過ごしたいあなたへ。

Cal Tjader(カル・ジェイダー)

お酒に合わせる音楽は、テンポが速過ぎてもゆっくりし過ぎても落ち着きません。

明るく陽気な曲や暗い曲もゆったりと家で飲みたいときには合いません。

カル・ジェイダーはそのバランスがよく取れていると思います。

nica’s dream

軽快さと悠々とした感じ、どちらも兼ね備えた曲で、飲み始めから飲み終わりまでどのタイミングで聴いても合います。

The Way You Look Tonight

今宵の君は。女性と家で飲むときに流すとロマンチックですね。

Chet Baker(チェット・ベイカー)

個人的にチェット・ベイカーの曲は物哀しい雰囲気があるのですが、いのかずはお酒を飲むときに華やかさや優雅さ、優しさが感じられる曲が聴きたいので、そういう曲をチョイスしました。

Alone Together

孤独な自分にそっと寄り添ってくれるような優しい曲です。

Tenderly

この曲も題名の通りです。静かで深い優しさが感じられます。

John Coltrane(ジョン・コルトレーン)

ジョン・コルトレーンは心が安らぐような曲が多いです。疲れたときに聴くとリラックス出来ますよ。

 Blue World

浮遊感があって心地よい。

 

おわりに

オススメしたい曲は山程あるので、また別記事でもたくさん紹介したいと思います。

あなたの宅飲みをより充実させるコンテンツをたくさん発信していきますので、よろしくお願いします。

Twitterのフォロー、はてなブックマークにも登録していただけると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!