【バーテンダーが選ぶ】宅飲みで聴きたい音楽10選【Vo.あり】

前回の記事でボーカルなしのおすすめジャズを紹介しました。

【バーテンダーが選ぶ】宅飲みで聴きたい音楽10選【Vo.なし】

今回はボーカルありの曲をご紹介します。

広告

Grover Washington, Jr.(グローヴァー・ワシントン・ジュニア)

Just the Two of Us

いのかずがバーで聴いていて一番好きな曲。

皆さんにも是非一度聴いてください。最高です。

Frank Sinatra(フランク・シナトラ)

Strangers In The Night

グラミー賞で最優秀レコード賞を受賞。

声が渋くていい…

広告

 Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド)

Love For Sale

女性ジャズシンガーで一番好きです。いのかずオススメ。

Summertime

魂揺さぶられます。”Summertime” ですけど夏以外でも聴いてください。

Tony Bennett(トニー・ベネット)

 I left my heart in San Francisco

歌詞を感じながら3杯くらいウイスキーいけます。

なんとなくですが、ストレートよりもロックが合うイメージ。

広告

Chet Baker(チェット・ベイカー)

When Your Lover Has Gone

いろんな方が歌っていますが、僕はチェット・ベイカーが好きです。

メロウな感じがたまりません。

Kevin Spacey(ケヴィン・スペイシー)

By Myself / When Your Lover Has Gone

映画 ”Beyond the Sea” の劇中歌。

上の曲と題名が似ていますが、別曲。

俳優でもこんなに歌上手いんですね。

広告

Natalie Cole(ナタリー・コール)

Unforgettable

実の父親であるナット・キング・コールとのデュエットです。

父親とこんな風に一緒に歌えるって本当に素敵ですよね。

Nat King Cole(ナット・キング・コール)

When I Fall In Love

上で紹介したナタリー・コールの実父。

やっぱりお酒には甘い感じの曲が合います。

TOTO(トト)

Georgy Porgy

TOTOと聞いて、「何でこのリストの中にTOTO?ロックバンドじゃん!」

と思う方もいるかもしれませんが、いのかずがいるバーでは流れています。

カクテルバーなので少し雰囲気は明るくはなりますが、僕自身もこの曲が大好きですし、意外にもお酒を飲むときに合います。

おわりに

いかがだったでしょうか。

僕の経験から、バーでは歌が入る曲の方がお酒が進みやすい傾向があるように感じます。

今回ご紹介した音楽が皆さんの宅飲みをより充実させることを願っています。

よければTwitterのフォローもお願いします!

最新情報をチェックしよう!