【誰でも簡単】自分に合ったカクテルを注文する方法【初心者向け】

バーに行ってカクテルのメニューを見ても、どんな味のカクテルなのかわからない。
でも、バーテンダーに聞くのも恥ずかしい。
そんな方いませんか?

この記事では現役バーテンダーである僕が

  • 誰でも簡単にできるカクテルのオーダーの仕方
  • 自分が飲みたい味のカクテルを的確に頼む方法

をお伝えします。

広告

自分に合ったカクテルを注文する方法

しっかりしたバーなら適当に頼んでも飲みやすいカクテルを作ってくれますが
「どうせならより自分に合ったお酒が飲みたい」という方のために
これを伝えるといいよという項目をご紹介します。

今の自分の状態を伝える

例えば、

「さっきワインを2杯飲んできたので~」
「食事をしてきた後なので~」

と自分の今の状態を伝えます。
その上で軽めのカクテルがいいのか、さっぱりしたカクテルがいいのか
を伝えると、よりあなたに合ったカクテルを作ってもらえます。

好きなベースを伝える

※もし好みのベースがない場合はこの項目は飛ばしてください

ベースは主に

  • ウイスキー
  • ブランデー
  • ジン
  • ラム
  • ウォッカ
  • テキーラ
  • リキュール
  • ワイン

があります。

先に
「ウォッカベースでスッキリめ」、「ラムベースで甘め」

などを伝えると、バーテンダーはあなたの好みをより掘り下げることができます。

飲み口を伝える

  • ショート・ロング
  • 甘め・さっぱりめ
  • 炭酸の有り無し

ショートカクテルは氷が入っておらず、カクテルグラスに入っているカクテルです。
ロングカクテルは、氷が入っていて、長時間冷えたまま楽しめるカクテルです。

実際の頼み方

上で紹介した項目を組み合わせて、実際に頼むときの例を挙げます。

「さっきワインを2杯飲んできたので、軽めのカクテルで何かお願いします。」
「ジンベースのショートでさっぱり目なものを」

すこし洒落た頼み方【行きなれたバーでやってください】

二杯目のカクテルを飲むときのオーダーで、

「今飲んだカクテルの次に飲むなら何がおすすめですか?」

と聞くと、バーテンダーが甘さや重さ、度数のバランスを考えて作ってくれます。

「行きなれたバーで」というのは、この頼み方を初めて行ったバーですると “バーテンダーを試しているような印象を持たれてしまう” 恐れがあるためです。

広告

これ以上ない簡単な頼み方

色々考えるのは面倒くさい!もっと簡単に頼みたい!

そんなあなたに一番簡単な頼み方を教えます。

「さっぱりして飲みやすいやつ!」
「あまり強くないやつ!」

ここまで色々と紹介しましたが、これでも十分です。
ここからバーテンダーが色々と質問をしてくれます。
甘えてしまって全然大丈夫です。

ダメなオーダーの仕方

上の章で「バーテンダーに甘えても大丈夫」
と言いましたが、一応良くない注文の仕方もありますのでそちらもご紹介しておきます。

「僕(彼女)をイメージして作ってください」

だいたい【パリジャン】や【リトルプリンセス】などカクテル名から無難なものを出されて終わりです。
バーに行きなれておらず、格好をつけたい人なのかな、と思われます。

「おまかせで!」

バーテンダーはお客様にできるだけ美味しいカクテルを提供したいと思っています。
何から何までおまかせと言われると困るのが正直なところです。

[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” name_position=”under_avatar” radius=”true” balloon=”talk” balloon_shadow=”true” font_color=”#222222″]今回は以上です。読んでいただきありがとうございます![/word_balloon]

今後もためになる情報を提供していきます!

よかったらTwitterのフォローもお願いします。

最新情報をチェックしよう!