【レビュー】オマー カスクストレングス バーボンカスク【台湾のダークホース】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、台湾南投蒸溜所で作られているシングルモルトウイスキー【オマー カスクストレングス バーボンカスク】を評価・レビューしていきます。

台湾ウイスキーと言えば世界的にも【カバラン】が有名ですが、オマーは台湾第2の蒸溜所のウイスキーです。

広告

オマーとは

オマー(OMAR)とはゲール語で「琥珀」という意味。

台湾の気候は暖かく、ウイスキーの熟成が速く進むため、熟成年数が若くてもしっかりとした味わいがあり、トロピカルフルーツのような甘みが特徴。

オマーはすべてのウイスキーをノンチルフィルタード(冷却濾過をしない)でウイスキーを作っています。

南投蒸溜所は2008年にウイスキーの生産を開始し、2013年に初めてシングルモルトウイスキーを発売してから翌年の2014年にはウイスキーの国際的な賞を多数獲得。

※今回ご紹介するウイスキーは、一般的に販売しているアルコール度数46%のタイプではなく、カスクストレングスで度数55.8%のタイプです。

通常のタイプはこちら

実際の評価

オマー カスクストレングス バーボンカスク

香り: 3.5ハチミツやココナッツ、バニラ、シトラスの香り。かなりモルティー。
味わい: 4モルトの甘味がしっかりする。花のような風味もあり、スパイスも感じる。アフターが少しトロピカル。
バランス: 4とてもいい。アルコール感もあまり感じず、甘くクリーミーだがボディはしっかりしている。
コスパ: 3約¥15,000するので、値段相応。
総合評価: 4個人的に台湾のウイスキー特有の味わいが好きということもあるが、非常に美味しい。

  • カスクストレングスで度数が55.8%あるが、カドがなく飲みやすい
  • 台湾ウイスキー特有の南国感は健在
  • モルトの甘味をしっかりと感じられるウイスキー
  • 価格は少々高めだが、それに見合う味わい

この価格なのは数々の賞を受賞していることと、しっかりとした味わいがあるためこの価格なのだが、もう少しだけ安ければ…と思うのは僕だけだろうか。

ただ、日本への輸入量も少ないしすぐに無くなってしまいそうなので、気になっている人は買っても損はしないと思います。

こんな人にオススメ

  • 台湾のウイスキーに興味がある人
  • カバラン以外の台湾ウイスキーが飲みたい人
  • モルトの甘味をしっかりと感じたい人
  • トロピカルな甘さが好きな人
  • カスクストレングスが好きな人

度数が強いため、ウイスキーを飲み始めたばかりの人やお酒に弱い人にはオススメしません。

オススメの飲み方

  • ストレート:◎
  • 度数は強いがスムースで甘く飲みやすい。

  • トワイスアップ:◎
  • トワイスアップと言うよりも少し加水するくらいがベスト。一気に香りが華やぐ。

  • ロック:○
  • 香りが少し締まってしまうが、味わいの変化もおもしろい。

  • 水割り:✕
  • カスクストレングスで水割りはあまりオススメしない。

  • ソーダ割り:✕
  • カスクストレングスでは互いの良さを消し合う。

少しだけ加水(水滴を2,3滴)する飲み方が個人的にはベスト。

バーボン樽の甘み、モルト感、台湾特有のトロピカルさをすべて感じられます。

広告

まとめ

  • カバランと対を成す台湾ウイスキー
  • バーボン樽熟成のカスクストレングスで度数55.8°
  • モルト感が強く、甘い
  • ノンエイジながら価格は高いものの、味わいには満足できる
  • 本数が少ないので、気になる人は買っても損はない


【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら


これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

オマー カスクストレングス バーボンカスクのレビュー
最新情報をチェックしよう!