\ 最大10%ポイントアップ! /

【レビュー】ビーフィーター 47%【バーテンダーもオススメの超万能ジン】

当ページのリンクには広告が含まれています。
ビーフィーター 47度
  • URLをコピーしました!

今回の記事では【ビーフィーター 47%について、

  • ビーフィーター 47%の概要
  • テイスティングレビュー
  • どんな人におすすめのジンか

これらをご紹介していきます。

目次

【ビーフィーター 47%】ってどんなジン?

原産国 イギリス
分類 ドライジン
容量 750ml
度数 47%
ボタニカル ジュニパーベリー・セビルオレンジピール・アーモンド・オリス・コリアンダー・アンジェリカ(根・種)・リコリス・レモンピール
価格帯 1,200~2,000円

通常スーパーなどに売っているビーフィーターは「容量700ml・度数40%」ですが、今回ご紹介するのは「容量750ml・度数47%」のものです。

汎用性の高さとバランスのよさから、一流のバーでもよく使われています。

いのかず
僕も家では【ビーフィーター 47度】をずっと使っています!

【ビーフィーター 47%】の評価・レビュー

ジンの評価・レビュー

香り [star-list number=2.5] 2.5

ジュニパーと柑橘系という、とても標準的な香り。

味わい [star-list number=3] 3

こちらもスタンダードなジンの味わい。ボタニカルのクセがなく飲みやすい。

飲みやすさ [star-list number=2.5]2.5

アルコール度数が47%なので、度数の高い酒を飲み慣れていなければ強く感じる。アルコール感はある。

カクテルベースとしての使いやすさ [star-list number=5] 5

ベーススピリッツとしては非常に優秀。というか最強クラス。この価格で750mlかつ味わいのバランスがいい。度数が強いためしっかりとジンを主張してくれて、他の材料に埋もれない。味がペラくならず、ボリュームのあるカクテルに仕上がる。

コストパフォーマンス [star-list number=5] 5

2,000円弱で750ml入っており、かつカクテルベースとして非常に使いやすいことから、コスパは最高。

総合評価 [star-list number=4.5] 4.5

一流のバーで使われているだけあり、ベーススピリッツとしての能力とコスパがずば抜けているため、安酒ながら高評価。

【ビーフィーター 47%】はこんな人におすすめ

こんな人におすすめのジン

  • カクテルベースに最適なジンを探している人
  • コスパがいいジンを買いたい人
  • まだジンを飲んだことがない人

スタンダードなジンの味わいで「原点にして頂点」です。

ジンに慣れている人ならそのままでも、慣れていない人ならカクテルで。

幅広い人におすすめできるジンです。

まとめ:【ビーフィーター 47%】は最強コスパで最高のベース!

【ビーフィーター 47%】ほど、汎用性のあるジンはなかなか見つかりません。

スタンダードだからこその良さをしっかりと感じられるジンです。

  • コスパが最強
  • どのカクテルにも合う
  • 「ザ・ジン」と言ってもいいほど王道なジン
いのかず
僕は「どのジンが1番おすすめか」と聞かれたら、絶対に【ビーフィーター 47%】をおすすめします。
[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://inokazu.com/easy-gin-base-cocktails/ target=blank]

▼ジントニックにおすすめのトニック▼

いのかず

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでのシェアやブログのブックマーク、下記リンクからのご支援をお願い致します!

\このブログが役にたったと思ったら/

ビーフィーター 47度

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please Share!!
  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

CAPTCHA

目次