【ダークラムベースのカクテル8選】おいしいレシピやおすすめの銘柄も紹介!

今回の記事では【ダークラムベースのカクテルについて、

  • そもそもダークラムとは何か
  • ダークラムを使ったおいしいカクテル
  • おすすめのダークラム

これらをご紹介していきます。

いのかず
この記事を見れば、自宅でカクテルを作りたくなること間違いなし!

 ダークラムってどんなお酒?

ダークラムとは何か

【ダークラム】 は、サトウキビから造られるスピリッツ【ラム】の1種です。

甘さが強く、黒糖や焦がしたカラメル、シロップのような味わいです。

ストレートやロックで飲まれることが多く、製菓用に使われたりもします。

また、その甘さと風味の強さから葉巻やタバコにもよく合い、一緒に楽しむ人は多いです。

色での分類

ダークラムは、液体の色によって3つの種類に分類されます。

  • ホワイトラム
    樽貯蔵したラム原酒に活性炭処理を施して透明にしたもの
  • ゴールドラム
    樽熟成の色が付いたゴールドのラム(色素添加をする場合もある)
  • ダークラム
    樽熟成させた甘めのラム(色素添加をする場合もある)

味わいでの分類

ダークラムは味わいの重さ・強さによっても3つの種類に分類されます。

  • ライトラム
    無色透明で、風味が軽い
  • ミディアムラム
    樽で貯蔵してあり、中間の風味
  • ヘビーラム
    内側を焦がした樽で3年以上熟成してあり、風味がしっかりしている
いのかず
基本的にはダークラムはヘビーラムと思ってもらって大丈夫です。

ダークラムをベースにしたおすすめのカクテル8選

カクテル紹介

ダークラムをベースにしたカクテルはたくさんありますが、その中から8つのカクテル(うち2つはホットカクテル)をご紹介します。

正直なところ、カクテルの中には「微妙な味だな…」と思うものも多くありますが、今回紹介するカクテルはおいしいものだけを選びました。

いのかず
もちろん僕が微妙と思うカクテルをおいしいと思う人もいるし、僕の紹介したカクテルが苦手な人もいます。完全に好みの世界なので、もし自分に合わなくてもご了承ください。

※基本的に著名な方のオリジナルカクテルや、文献に載っておらず、ネットだけに載っている出所が不確かなカクテルは載せません。

あわせて読みたい

こんにちは、いのかずです。現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。今回は宅飲みでカクテルを作るための道具【バーツール】を、作る人のレベル別でなにが必要なのかご紹介します。こう思っている人にオスス[…]

おすすめのバーツール

マイタイ

マイタイ

【マイタイ】は、厳密に言えばダークラムがメインと言うよりも、仕上げにダークラムを使うカクテルです。

トロピカルな味わいで甘さもありつつ、しっかりしたボディのある味わいがします。

材料

レシピはオリジナルですが、とても飲みやすい配合にしました。

  • ホワイトラム 30ml
  • オレンジジュース 15ml
  • パインジュース 15ml
  • ライムジュース 2tsp
  • ダークラム 10ml
  • 副材料としてパイン、レモン・オレンジ・ライムのスライス、チェリー、ミントの葉

作りかた

  1. ダークラムと副材料以外をシェーカーに入れ、シェーク
  2. クラッシュドアイスを入れたロックグラスに注ぐ
  3. ダークラムをバースプーンの背などを使ってフロートする
  4. 副材料を飾る
いのかず
ダークラムを少しずつ混ぜて飲むと、味の変化を楽しめます。

シャンハイ

シャンハイ

【シャンハイ】は甘酸っぱさとダークラムの濃厚な香り、アニゼットの爽やかなハーブ感をバランスよく感じられるカクテルです。

材料

  • ダークラム 30ml
  • レモンジュース 20ml
  • アニゼット 10ml
  • グレナデンシロップ 1tsp

作りかた

すべての材料をシェークしてカクテルグラスに注ぐだけです。

いのかず
アブサンやペルノなどのハーブ系が苦手な人でも比較的飲みやすいハーブ感です。

パリジャンブロンド

パリジャンブロンド

【パリジャンブロンド】は甘さの中に爽やかさもあり、大人の雰囲気があるクリームカクテルです。

材料

  • ダークラム 20ml
  • オレンジキュラソー 20ml 
  • 生クリーム 20ml

作りかた

すべての材料をしっかり目にシェークしてカクテルグラスに注ぐだけです。

オレンジキュラソーは他のカクテルにあまり使わないので、なければホワイトキュラソーで代用してもかまいません。

その場合、プラチナブロンドというカクテル(ホワイトラム・ホワイトキュラソー・生クリーム)との中間くらいの甘さの味になります。

いのかず
僕は個人的にホワイトキュラソーを使うレシピのほうが好きで、よく作っています。

ダーク&ストーミー

ダーク&ストーミー

【ダーク&ストーミー】はさっぱりとしつつもラムの芳醇な風味を感じられるカクテルです。

材料

  • ダークラム 45ml(アルコールが強かったら少なくてもよい)
  • ジンジャービア 適量(なければジンジャーエール)
  • ライムジュース 15ml(好みで入れなくてもよいが、ジンジャーエールの場合は甘いので入れたほうがよい)
  • 副材料としてライムスライスかカットライム

作りかた

作りかたは2つあります。

  1. ダークラムとライムジュースをグラスに入れ、氷とともにステアし、ジンジャービアを注ぎステア
  2. ライムジュースを氷の入ったグラスに入れ、ジンジャービアを注いでから1度ステア、最後にダークラムをフロートさせる

上記のどちらでもいいです。

ただ、後者の作りかたのほうが見た目がよいのと、飲むうちに味の変化を楽しめるというメリットがあります。

いのかず
フロートのしかたはマイタイのときにも書きましたが、ダークラムをバースプーンの背に沿って流し込むか、氷の上に優しく注いでください。

ポーラーショートカット

ポーラーショートカット

【ポーラーショートカット】は甘くて香りのしっかりした、少し重めのカクテルです。

材料

  • ダークラム 15ml
  • ホワイトキュラソー 15ml
  • チェリーリキュール 15ml
  • ドライベルモット 15ml

作りかた

すべての材料をミキシンググラスに入れ、ステアし、カクテルグラスに注ぐだけです。

ホワイトキュラソーやチェリーリキュールは重たいリキュールで、しっかりとステアしないとかなり重たいカクテルになってしまいます。

いのかず
技術は少し必要かもしれませんが、とてもおいしいカクテルなのでおすすめです。

ブランデーエッグノッグ

ブランデーエッグノッグ

【ブランデーエッグノッグ】は名前に「ブランデー」と付いていますが、ダークラムもしっかりと使われています。

ミルクセーキのお酒バージョンのような味わいです。

材料

  • ブランデー 30ml
  • ダークラム 15ml
  • 全卵
  • シュガーシロップ 2tsp
  • 牛乳(苦手なら豆乳でも可)
  • 副材料としてナツメグもしくはシナモン

本格的な作りかた

  1. 卵を卵白と卵黄に分け、卵白を泡立てるもしくはミキサーにかける
  2. 卵黄とブランデー、ダークラム、シュガーシロップを合わせて泡立てるもしくはミキサーにかける
  3. 牛乳も含め、上記の材料をシェーカーに入れ、しっかり目にシェークし、グラスに注ぐ
  4. シェーカーの中の氷をグラスに入れ、最後にナツメグやシナモンを振りかける

ポイントは、卵白と卵黄を別々に泡立てることです。

とてもふんわり仕上がるのと、味わいが1ランクアップします。

かんたんな作りかた

  1. 卵をあらかじめ溶いておき、溶いた卵と副材料以外をシェーカーに入れる
  2. しっかり目にシェークしてグラスに注ぎ、シェーカーの中の氷もグラスに入れる
  3. 最後にナツメグやシナモンを振りかける

やはり本格的に作ったほうが断然おいしいですが、手間がかかるので、家飲みなら簡単な作りかたでもよいでしょう。

いのかず
しっかりシェークして冷やす&混ぜないと、卵の生臭さが出てしまうことがあるので注意が必要です。

ホットブランデーエッグノッグ

ブランデーエッグノッグの材料を鍋で火にかけ、卵や牛乳が変性しない程度に温めれば【ホットブランデーエッグノッグ】になります。

いのかず
温度を見極めるのがとても難しいカクテルで、自宅で作ると大変かもしれません。

ホット・バタード・ラム

ホットバタードラム

【ホットバタードラム】はその名の通り、バターの入ったホットカクテルで、寝酒や締めの1杯としても最適です。

材料

おすすめの配合にしました。

  • ダークラム 45ml
  • シュガーシロップもしくは砂糖 10ml
  • 水 90ml
  • バター 1ピース

作りかた

  1. バター以外の材料を鍋に入れ、沸騰しないよう(少し泡立つくらい)火にかける
  2. バターを入れたカップに移す

作るのが面倒で「もっと簡単に作りたい!」という人は、熱湯をあらかじめ用意しておいて、熱湯以外の材料をカップに入れ、最後に熱湯を注げば完成です。

レンジで温めてもいいかもしれませんね。

いのかず
温め過ぎたり長時間温めていると、アルコールが飛びすぎてカクテルとしての完成度が低くなるので注意しましょう。

ホット・バタード・ラム・カウ

ホットバタードラムの材料の水を牛乳に変えると【ホットバタードラムカウ】というカクテルになります。

作るときは温めすぎに注意して、分離や変性を起こさないように注意しましょう。

いのかず
ホットバタードラムとともに、寝る前にホットひと息付けるカクテルです。

グロッグ

グロッグ

【グロッグ】は甘ざっぱりとした飲み口で、材料の香りがすべてが立っており、ホットカクテルの中でもかなりおすすめです。

材料

おすすめの配合にしました。

  • ダークラム 45ml
  • シュガーシロップもしくは砂糖 10ml
  • レモンジュース 1tsp
  • 水 90ml
  • 副材料としてレモンスライスやシナモンスティック、クローブなど

作りかた

  1. 副材料以外を鍋に入れ、沸騰しないよう(少し泡立つくらい)火にかける
  2. カップに注いだら、副材料を飾る

作るのが面倒で「もっと簡単に作りたい!」という人は、熱湯をあらかじめ用意しておいて、熱湯以外の材料をカップに入れ、最後に熱湯を注げば完成です。

レンジで温めてもいいかもしれませんね。

いのかず
僕が作ったカクテル写真では、シナモンをスノースタイル(カップの縁をレモンで濡らし、シナモンを付ける)にして、クローブをレモンスライスに刺してあります。

カクテルベースにおすすめのダークラム

おすすめ

ダークラムの銘柄はたくさんありますが、カクテルベースとして考えるなら何でもいいわけではありません。

選ぶポイントとしては、

  • 甘すぎないもの
  • 香りがしっかり立っているもの
  • 酒質の高いもの
  • バランスのいいもの

以上を満たしているラムがおすすめです。

ロンアブエロ 12年

この記事でも何度も紹介した【ロンアブエロ】はかなりおすすめで、フルーティーさと紅茶のような華やかな香り、程よい甘さが特徴です。

カクテルに使うととてもバランスよく仕上がり、甘いラムの香りと深い味わいをはっきりと感じられます。

あわせて読みたい

今回の記事では【ロン アブエロ 12年】について、 テイスティングレビュー おすすめの飲み方 どんな人におすすめのラムかこれらをご紹介していきます。【ロン アブエロ 12年】ってどんなラム?[…]

ロンアブエロ12年

ディプロマティコ レセルバ エクスクルーシバ

【ディプロマティコ】のダークラムは、オレンジピールのような華やかな香りと複雑な味わい、重すぎない洗練された甘さが特徴です。

カクテルに使うと、ダークラムのしっかりとした甘さとフルーティーな香りが引き立ちます。

まとめ:ダークラムは自宅に1本置いておきたいスピリッツ!

ダークラムは汎用性があり、さまざまな楽しみかたができます。

  • 単体で飲んでもおいしい
  • タバコや葉巻にも合う
  • カクテルにしてもおいしい
  • ホットカクテルにも使える
  • お菓子作りにも使える

1本でこれだけの役割を果たせるのは、ダークラムくらいでしょう。

自宅に置いておいたら何かと重宝するので、ぜひ買ってみてください。

▼美しいカクテルグラスやカップ&ソーサーを安く購入▼

あわせて読みたい

カクテルを作りたいけどレシピがわからないカクテルブックって本格的すぎて使えなそう家飲みレベルでも参考になる本が欲しいと思うことはありませんか?カクテルブックは「バーテンダーがバイブルにしているもの」から「初心者でもわかり[…]

ベストカクテルブック

ダークラムベースカクテル
最新情報をチェックしよう!