【おいしくて健康にもいい】フレッシュトマトのカクテルレシピ

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、フレッシュなトマトを使った誰にでも作れるかんたんなカクテルを紹介します。

生のトマトを使うので、健康にも優しいカクテルです。

フレッシュトマトのブラッディー・メアリー

先日、カクテルメイキングの動画をTwitterに上げました。

この動画を見ると、

「全然簡単じゃないじゃん!」

「シェーカーなんて持ってるわけない!」

という声が聞こえそうですが、シェーカーなんてなくてもミキサーと材料さえあれば誰でも作れる方法をご紹介します。

ちなみに完成図。

カクテルの材料と必要なもの

※今回はロックグラスを使っていますので、分量はロックグラスで作る用の量です。

  • ミキサー
  • マドラーなどかき混ぜるもの
  • プチトマト 3つ(タンブラーの場合は4つ)
  • トマトジュース 45ml(タンブラーの場合は60ml)
  • ウォッカ 30ml(タンブラーの場合は45ml)
  • レモンジュース 5ml(タンブラーの場合は7mlくらい)
  • 黒胡椒

これだけです。

材料を~mlと表記しますが、もし量るもの(メジャーカップ)がない場合は目分量というか、適当でも大丈夫です。

家飲みなので。

お酒の苦手な方はウォッカを少なくしても構いません。

では作り方をしっかりと解説します。
面倒な人は【まとめ】に簡単に書いてあるのでジャンプ!

作り方(1杯分)

①グラスの縁に塩をつける

今回は半周だけしか塩をつけていませんが、お好みで全周つけても大丈夫です。

小さめの皿(醤油皿くらい)に塩を入れる

僕は持っていなのでショウガのすり下ろし器に入れています。

グラスの縁をレモンで濡らす


グラスをくるくる回して濡らします。

塩をつける


これもグラスを回してつけていきます。

叩いて余分な塩を落とす

グラスを直接叩かず、持っている手を叩いてください。(グラスを落とさないよう注意)

あまり力を入れなくても簡単に落ちます。

つけ終わったらグラスを冷凍庫か冷蔵庫で冷やしておきましょう。

②トマトを小さく切る

プチトマト3つを半分に切ります。
どのみちミキサーにかけるので、プチトマトなら二等分の大きさでOKです。

※ヘタの部分を切り落とすのを忘れないようにしましょう(ヘタを取るだけだと、ミキサーにかけても硬い部分が残ってしまいます)

③カップに材料を入れ、ミキサーにかける

  • 切ったトマト
  • ウォッカ 30ml
  • トマトジュース 45ml
  • レモンジュース 5ml

これらをミキサーに入れ、回します。
※しっかりと回さないとなめらかな飲み口にならないので注意

④グラスに注ぎ、氷を入れて混ぜる

注ぐときは茶こしは使わなくてOKです。

そのままだと冷えていないので、氷を入れた後にしっかりと冷えるまでマドラーでかき混ぜます。

④黒胡椒をふりかける

黒胡椒に加えソース、タバスコなどをお好みで加えてもいいかもしれません。

これで完成!

まとめ

材料はこちら

  • プチトマト 3つ
  • トマトジュース 45ml
  • ウォッカ 30ml
  • レモンジュース 5ml
  • 黒胡椒
手順はこちら

  • グラスの縁に塩をつけ、冷やしておく
  • トマトを切り、他の材料と一緒にミキサーにかける
  • グラスに注いだら氷を入れ、混ぜて冷やす
  • 黒胡椒をふりかける

以上です。

この記事を読んだあなたが、自宅でかんたんに美味しいカクテルを作れるようになりますように!

今回使用したミキサーの紹介もしているので、よければどうぞ。

あわせて読みたい

こんにちは、いのかずです。現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。先日、カクテルメイクの動画をツイートしました。【大葉のショートカクテル🌿】・ジン・ドライ・ベルモット・レ[…]

おすすめのミキサー

今回使ったグラスはこちら【有名なバーでも使用】

メジャーカップはこちら

今回使ったトマトジュースはこちら【カクテル用に最適】


トマトジュースは普通に飲んでも美味しいですよ。
ちなみに100%ジュースです。

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

フレッシュトマトのブラッディメアリーの作り方
最新情報をチェックしよう!