【レビュー】ハイランドパーク 12年【甘く華やかな骨太モルト】

今回の記事では【ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナーについて、

  • テイスティングレビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか

これらをご紹介していきます。

広告

ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】ってどんなウイスキー?

原産国 スコットランド(アイランズ)
分類 シングルモルト
容量 750ml
度数 43%
熟成年数 12年
熟成樽 スパニッシュオークとアメリカンオークのシェリー樽
(1stフィルシェリー樽・リフィルシェリー樽)
価格帯 約4,000円

「北の巨人」と呼ばれる【ハイランドパーク】は、オークニー諸島にあるハイランドパーク蒸留所で造られる「アイランズモルト」です。

ハイパークという高台に建てられた蒸溜所なので「ハイランドパーク」という名前がつきました。

いのかず
ハイランド地方でないのに「ハイランドパーク」というのは、なかなか紛らわしい…

【ハイランドパーク 12年ヴァイキング・オナー】はリフィルのシェリー樽メインに、1stフィルのシェリー樽も20%使われて熟成されています。

甘く華やかでしっかりとした味わいが特徴です。

【ハイランドパーク 12年ヴァイキング・オナー】には2種類の商品がありますが、正規品の700ml・40%のものよりも、並行品の750ml・43%のほうが断然おすすめ!

ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】の評価・レビュー

ウイスキーの評価

※基本的にストレートでの風味を記載しています。

香り 3.5

フローラルで華やか、潮気、レモンのような爽やかさ、ほんのりシェリーも香ります。

味わい 4

ボディはしっかりめ。オレンジのような柑橘、はちみつの甘さ、海藻や潮気、軽いスモーク、スパイスとビターを感じます。

飲みやすさ 4

甘くてクセがないので飲みやすいです。これからスコッチを飲み始める人にもおすすめ。

コストパフォーマンス 3.5

12年熟成のスコッチとしては平均的な価格です。ボリュームのある飲み心地なので、価格以上の満足度はあります。

総合評価 4

この1本でいろんな香り・味わいを楽しめます。

とてもバランスのよいウイスキーで、海外の有名評論家からの評価も高いです。

飲みやすさもあり複雑さもあることから、ウイスキー初心者から飲み慣れた人まで幅広く楽しめます。

広告

ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】の飲み方別の評価

おすすめの飲み方

【ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】はバランスがいいので、どの飲み方でも合いやすいです。

ストレート:○

スモーク・甘さ・潮気と、ハイランドパークのよさをダイレクトに感じられます。ウイスキーを飲み慣れていない人はアルコールのアタックが少しだけ気になるかもしれません。

トワイスアップ:◎

本来持っている甘さと華やかさがさらに広がります。加水してもペラペラの味になりません。

ロック:○

ビターやスパイス、樽香が引き立ち、口の中で温度が上がると甘みが出てきます。

水割り:○

甘すぎず華やかに。食中酒としても合います。

ソーダ割り:○

柑橘系の爽やかさもありつつ、ウイスキーの甘みを感じられます。スパイシーさもあるのでバランスがいいです。

ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】はこんな人におすすめ

こんな人におすすめのウイスキー
  • バランスのよいウイスキーを飲みたい人
  • 複雑な味わいを楽しみたい人
  • スコッチ初心者

完成度が高く、どんな人にもおすすめできるウイスキーです。

いのかず
周りのバーテンダーの評価も高く、僕自身もけっこう好きなウイスキー!

広告

まとめ:【ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー】は全スコッチの中でもバランスよし!

ハイランドパークはアイランズモルトの中に留まらず、スコッチウイスキーという大きな括りで見てもバランスのいいウイスキーでしょう。

  • 初心者でも飲みやすい華やかで優しい味わい
  • 飲み慣れてからでも楽しめる複雑な味わい

どちらも持ち合わせているハイランドパークは、多くの人を虜にするウイスキーです。

アイランズモルトはそんなにメジャーではありませんが、ぜひ1度飲んでみてください。

\ウイスキーの香り・味わいを引き立てるグラス【高コスパ・高品質】/

ハイランドパーク12年の評価・レビュー
最新情報をチェックしよう!