【レビュー】ジョニードラム プライベートストック【甘くボリューミー】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、アメリカのケンタッキー州のウィレット蒸溜所で作られているバーボンウイスキー【ジョニードラム プライベートストック】を評価・レビューしていきます。

ジョニードラムとは

ウィレット蒸溜所で作られるウイスキーで、同蒸溜所で作られる他のウイスキーも銘柄だけご紹介します。

ウィレット蒸溜所で作られる他のウイスキー

  • ウィレット(ウイスキー)
  • ローワンズクリーク
  • ノアーズミル
  • ケンタッキーヴィンテージ
  • オールドバーズタウン

ジョニードラムは15年以上熟成させた原酒をメインにブレンドしてあります。

アルコール度数が50.5%と高いのですが、熟成感があって甘くまろやかで飲みやすいウイスキーです。

実際の評価

ジョニードラム プライベートストック

香り: 2.5バニラやキャラメルのような甘い香り。香りだけだと少しアルコール感も感じる。
味わい: 3.5甘さが強い。焦げたオークの感じもよく出ていておいしい。
飲みやすさ: 4あくまで度数50.5%を考えた点数です。度数が高い割りにはアルコール感もあまりなく、飲みやすい。
コスパ: 3¥5,000前後だが、価格に見合った味わいは持っている。
総合評価: 3.5しっかりめのバーボンだが、バランスが取れていて飲みやすく疲れない。

  • バニラ感が強くて甘さが目立つ
  • ボディ(味わいの強さ)はミドルくらい
  • アルコール感を少し感じる
  • パンチはあるものの飲みやすいバーボン

「これがすごく特徴的!」というのが無いんですが、よくまとまっていて個人的には好きでした。

こんな人にオススメ

  • 甘めのバーボンが好きな人
  • 度数の強いウイスキーが好きな人
  • バニラ香が好きな人

僕は度数の強いお酒に慣れているので美味しく飲めました。

度数が強いウイスキーが苦手な人にはあまりオススメできません。

まだバーボンを飲んだことがない人はジョニードラムではなく、度数が低いベーシックなウイスキーをオススメします。

オススメの飲み方

  • ストレート:○
  • アルコール感を若干感じるが、しっかりとした味わいを楽しめる。

  • トワイスアップ:○
  • 甘さが際立つ。まろやか。

  • ロック:◎
  • 甘みを残しつつアルコール感がやわらぐのでオススメ。

  • 水割り:✕
  • バーボンで水割りに合うウイスキーはとても少ない。

  • ソーダ割り:✕
  • せっかくのハイプルーフ(度数)がもったいない。

シンプルな味わいゆえに、シンプルな飲み方が一番でした。

まとめ

  • 15年熟成の原酒がメインに使われている
  • 度数が50.5%とハイプルーフ
  • バニラ系の甘みが強く出ている
  • 度数の割りには飲みやすいウイスキー

飲んだことがない人にはオススメできる1本です。ぜひ。

【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

ジョニードラムのレビュー
最新情報をチェックしよう!