【レビュー】スペイバーン10年【軽くて華やか】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、スコットランドのスペイサイド地域にあるスペイバーン蒸溜所で作られているシングルモルトウイスキー【スペイバーン10年】を評価・レビューしていきます。

実際にバーで説明するときのように簡潔にわかりやすく説明するので、詳しい蒸溜所の情報や歴史は他のサイトをご覧ください。

【レビュー】スペイバーン10年

スペイバーン10年


香り: 2シトラスやハチミツの香り。ピートは弱め。若干アルコール刺激がある。
味わい: 2.5若めの酒質。オークの感じが出ている。スタンダードなスペイサイド感。
飲みやすさ: 3.5クセがなく、穏やか。軽めのボディで飲みやすい。
コスパ: 2.5値段相応の味。
総合評価: 2.5可もなく不可もない。

  • 王道のスペイサイド感
  • ライトボディでウイスキー初心者でも飲みやすい
  • バランスはよく取れている
  • 普段のみには最適

個人的には割りとすべてが平均的に感じました。

同じスペイサイド地域には有名な【グレンフィディック】などがありますが、正直フィディック12年の方が出来はいいです。(スペイバーン10年と値段が変わらないのに12年熟成)

フィディックと比べてスペイバーンの方がスッキリはしています。

こんな人にオススメ

  • スッキリ目のウイスキーが飲みたい人
  • シングルモルト初心者
  • 家飲み用に一本買いたい人
  • いつもと違うスペイサイドウイスキーが飲みたい人

飲む人やコンディション、シチュエーションをある程度選ばないウイスキーかなと思いました。

オススメの飲み方

  • ストレート:△
  • 熟成年数が若いため、アルコール刺激がまだある。

  • トワイスアップ:△
  • 味わいがボヤけてしまって中途半端になる。

  • ロック:○
  • アルコール刺激が和らぎ、まろやかでスッキリと飲みやすい。

  • 水割り:○
  • 優し目の水割りだが、オークやモルトの香りもして意外と軽すぎない。

  • ソーダ割り:◎
  • ライトなピートとライトな飲み口。スッキリと飲める。

ソーダ割りが最適で、食事のときにもよく合います。

水割りでもそこそこ美味しいのですが、やや個性が引っ込んでしまう気がしました。

まとめ

  • バランスが取れたウイスキー
  • スペイバーンをあえて飲む動機付けが弱め
  • ソーダ割りでスッキリ飲むのがオススメ
  • ウイスキー初心者でも飲みやすく、買いやすい

特徴的なところがあまりなく、平均的な印象を受けました。

しかし飲みやすく低価格なウイスキーではあるので、家飲み用に1本持っておいてもいいかもしれません。


【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

スペイバーン10年のレビュー
最新情報をチェックしよう!