【レビュー】トバモリー 12年【10年から生まれ変わったエントリーモデル】

今回の記事では【トバモリー 12年について、

  • テイスティングレビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか

これらをご紹介していきます。

広告

【トバモリー 12年】ってどんなウイスキー?

原産国 スコットランド(アイランズ)
分類 シングルモルト(ノンチルフィルタード)
容量 700ml
度数 46.3%
熟成年数 12年
熟成樽 ・バーボン樽
・ヴァージンオーク樽(フィニッシュ)
価格帯 約6,000円

【トバモリー 12年】は、スコットランドの「アイランズ」に分類される島々の中にある「マル島」のトバモリー蒸溜所で造られるウイスキーです。

いのかず
トバモリー蒸溜所は、ノンピートタイプの【トバモリー】と、ヘビーピートタイプの【レダイグ】を生産しています。

以前、トバモリーのエントリーモデルは【トバモリー 10年】でしたが「10年熟成ではトバモリーの持つポテンシャルが引き出せない」ということから、2年間蒸溜所を閉鎖。

2019年に再開し、新たなエントリーモデルとして【トバモリー 12年】を発売しました。

軽やかでフレッシュな風味が特徴で、10年と比べ、12年は全体的にアップグレードされています。

トバモリーがキーモルトのブレンデッドはこちら

今回の記事では【ブラックボトル】について、 テイスティングレビュー おすすめの飲み方 どんな人におすすめのウイスキーか キーモルトになっているウイスキー これらをご紹介していきます。 ※価格が若干高く[…]

ブラックボトルの評価・レビュー

【トバモリー 12年】の評価・レビュー

ウイスキーの評価※基本的にストレートでの風味を記載しています。

香り 3

オレンジや洋梨、柑橘系の爽やかな香りが主体で、潮気、ハチミツのような香りもします。

味わい 3.5

バニラ、塩キャラメル、ビスケットのようなしっかりとした甘さがあります。フレッシュなフルーティーさと、シナモンやクローブのようなスパイスの風味も。良くも悪くもシンプルな感じがします。

アフターフレーバー 3

ミディアムレングスです。モルト感とスパイシーさ、柑橘が残ります。

飲みやすさ 4

ノンピートということに加え、味わいがシンプルなぶん誰でも飲みやすいです。

コストパフォーマンス 2.5

12年熟成にしては高価格です。味わいやバランスから考えると妥当な気がしますが、熟成感の面でもう少し安くなったら最高。

総合評価 3.5

エントリーモデルでこの出来なら、かなり完成度が高いウイスキーです。いろんなモデルを出していってほしいという期待感があります。

広告

【トバモリー 12年】の飲み方別の評価

おすすめの飲み方【トバモリー 12年】はバランスがいいので、汎用性があります。

ストレート:◎

飲みやすく、ネガティブな要素もありません。潮気、甘み、フルーティーさ、全てをバランスよく感じられます。

トワイスアップ:○

ちょっと軽くなりすぎかなと思います。甘さが主体で塩キャラメル感。

ロック:◎

潮気がメイン。口の中で温度が上がるとスパイスやモルト感が出てきます。

水割り:△

甘くて飲みやすいですが、潮気を感じるウイスキーと水割りが個人的にはミスマッチです。

ソーダ割り:○

甘じょっぱさのあるハイボールになります。軽やかで飲みやすいです。

【トバモリー 12年】はこんな人におすすめ

こんな人におすすめのウイスキー

  • バランスの取れたウイスキーが好きな人
  • 飲みやすいウイスキーが好きな人
  • 1本でいろんな飲みかたを愉しみたい人

アイランズモルト特有の潮気が気にならなければ、どんな人でもおいしく飲めるウイスキーです。

幅広い人におすすめできます。

いのかず
10年から12年に変わっただけで、こんなにおいしくなるとは思いませんでした。

広告

まとめ:【トバモリー 12年】は蒸溜所が狙った通りに上方修正されている!

近年、ウイスキーはボトルデザインの刷新やリニューアルされるたびに「味が落ちた」と言われがちです。

しかし【トバモリー 12年】はしっかりと味わいの上方修正がされていて、とても評価が上がりました。

フラッグシップモデルが12年になってから飲んだことのない人には、ぜひ1度飲んでいただきたいです。

\ウイスキーの香り・味わいを引き立てるグラス【高コスパ・高品質】/

トバモリー12年の評価・レビュー
最新情報をチェックしよう!