【味わいが変わる!?】ウイスキーがおいしく飲めるグラスを種類別に紹介【バーテンダーおすすめ】

ウイスキーをおいしく飲めるグラスが欲しい
グラスの選び方がわからない
本当にグラスで味わいが変わるの?

と思うことはありませんか?

グラスを選ぶにしても、かなりの種類・数があって、どれを選んでいいかわかりづらいですよね。では、ウイスキー用のグラスを選ぶときには、何が大切なのでしょうか?

そこで今回は、

  • グラスの種類とその特徴
  • グラスを選ぶときに知っておくべきポイント
  • 種類別おすすめのグラス

について詳しく解説します。

この記事を見れば、ウイスキーをより美味しく味わえるグラスが選べるようになります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

広告

ウイスキーを飲むための5種類のグラスとその特徴

それぞれのグラスの特徴

ウイスキーを飲むためのグラスには5種類あり、それぞれ特徴が異なります。

  1. テイスティンググラス
  2. ショットグラス
  3. ロックグラス
  4. タンブラー
  5. ホットグラス

グラスの特徴を理解した上でこれら5つのグラスを持っておけば、ウイスキーを最大限楽しめるでしょう。

テイスティンググラス

テイスティンググラスはウイスキーをテイスティングするのに優れたグラスです。チューリップのような形は、ウイスキーの香りを感じやすい構造になっています。

テイスティンググラスで飲むときのポイントは【スワリング(グラスの中のウイスキーを回す)】をすることです。スワリングをすることによってウイスキーが空気に触れ、香りがより一層広がります。

いのかず
あまり乱暴にスワリングすると、味のバランスを崩してしまいます。ペットボトルの飲料を振ってから飲むとおいしくなくなるのと同じです。

ショットグラス

ショットグラスは、力強く味わいのしっかりしたバーボンや、アルコール臭の強い低価格帯のウイスキーを飲むときに適しているグラスです。香りがホールドされないため、アルコールの刺激臭を感じづらいというメリットがあります。

いのかず
逆に、香りを楽しみたいウイスキーを飲むときには適していません。

ロックグラス

ロックグラスはオールドファッションドグラスとも言い、ウイスキーをロックで飲むときに使うグラスです。他のグラスに比べ厚みがあるものが多く、重さもあります。

いのかず
ハリウッド映画ではウイスキーをストレートで飲むときにロックグラスを使うシーンがよくあるので、僕はカッコよさに憧れてストレートをロックグラスで飲んだりしています。

タンブラー

タンブラーは水割りやハイボールを飲むときに使います。内容量は10oz(約300ml)か12oz(約360ml)のものがおすすめです。

薄めのグラスが多く、他のグラスと比べて割れやすかったりチップ(欠け)してしまいがちなので、丁寧に取り扱いましょう。

いのかず
ozはオンスと読みます。

ホットグラス

 ホットグラスはお湯割りを飲むときに使うグラスです。もちろん紅茶やコーヒーを飲むときにも使えます。

いのかず
マグカップでもお湯割りは飲めるのですが、液体の色が見えないのと、なにより風情がないので、ホットグラスのほうがおすすめ。

グラスを選ぶときの7つのポイント

グラスを選ぶ時のポイント

グラスを選ぶときに、気をつけないといけないポイントが7つあります。

  1. 薄さ(厚み)
  2. 重さ
  3. デザイン
  4. 透明度(透過性)
  5. 洗いやすさ
  6. 耐久性

これらのポイントを理解せずに買ってしまうと、せっかく買ったのに扱いづらかったり、お気に入りのグラスにならなかったりします。

グラスを購入するなら、ご紹介するポイントを必ず確認しましょう。

グラスの薄さ(厚み)

グラスの厚み、特に飲み口(リム)が薄いかどうかは、味の感じかたに影響します。基本的には、薄いほうが舌に流れ込む液体がなめらかに感じます。

いのかず
薄めのグラスは割れやすいので気をつけて扱いましょう。

グラスの重さ

重さに関しては好みの問題です。しかし、テイスティンググラスはウイスキーを繊細に味わうためのものなので、あまり重たいとグラスを支えるほうに意識が行ってしまうので、おすすめできません。

いのかず
ロックグラスは好みが分かれるところで、ウイスキーをロックでどっしり味わいたい人は「重めが好き」なんて人も多くいます。

グラスの形

グラスの形でいちばん重要なのは、自分の手に馴染むかどうかです。

いのかず
持ちやすいグラスは飲むときのストレスがありません。

グラスのデザイン

シンプルで洗練されているもの・美しい装飾が施されているものなど、ほとんど好みです。おすすめを挙げるなら「無地ならデザインが美しいもの」「装飾や柄があるなら上品なもの」でしょうか。

いのかず
デザインがいいだけでお気に入りのグラスになるでしょう。

グラスの透明度(透過性)

ウイスキーは色味を楽しめるお酒なので、透明度は重要です。液体を注いでもグラスの向こう側がキレイに見える「クリスタルグラス」をおすすめします。

いのかず
クリスタルグラスは高熱を加えると曇ってしまうので、洗うときは50度以下にしましょう。

グラスの洗いやすさ

やはりデイリーユースを考えるなら、洗いやすい形状がおすすめです。

いのかず
あまりにリムが小さかったり、大容量でグラスの底が深いと洗いづらいですよね。

グラスの耐久性

こちらもデイリーユースを考えるなら耐久性は重要です。ステム(テイスティンググラスの脚の部分)があまりにも細いものや、かなり「うすはり」のタンブラーは、洗い物をするときに割れる可能性が高く、緊張感を持って洗わないといけません。

いのかず
なるべく柔らかいスポンジを使う必要があります。

広告

おすすめのグラスを種類別に紹介

飲み方別のおすすめグラス

グラスを選ぶポイントがわかったところで、実際におすすめのグラスを種類別にご紹介します。

テイスティンググラス:ルイジボルミオリ

【ルイジボルミオリ】のテイスティンググラスは、実際にいろんなバーで使われていることに加え、耐久性・デザイン・飲み口のよさ・コスパにとても優れています。テイスティンググラスで迷ったらまず1番におすすめできるグラスです。

いのかず
いのかずの勤めるバーでも使っています。

ショットグラス:佐々木グラス

今回ご紹介する 【佐々木グラス】のショットグラスは、容量が100mlと少し大きめのショットグラスではありますが、なんと言ってもデザインが素晴らしいです。正直、高級グラスと遜色ありません。このデザインの他にも2種類あり、どれもキレイなものばかりです。

いのかず
価格も1,200円程度と安く、価格以上の魅力があるでしょう。

ロックグラス:カガミクリスタル

【カガミクリスタル】はそんなに高くない価格帯にもかかわらず、透明度とデザイン性が高いグラスです。価格が倍以上するバカラのマッセナにも似通ったデザインで「バカラは流石に高価すぎる」という人にもおすすめできます。

いのかず
カガミクリスタルのロックグラスは他のデザインも美しいのでおすすめ。

ジャパニーズウイスキーに合うロックグラス:富士山グラス

富士山グラスはバーでも使っているところが多く、グラスの底面に富士山が掘られており、風情のあるグラスです。画像に載っているグラスの文字は、シールで簡単に剥がせるので、心配いりません。一般的なロックグラスよりも飲み口が広い形状です。

いのかず
こちらもいのかずの勤めるバーで使っています。

タンブラー:松徳硝子 うすはり

「うすはり」タイプのタンブラーは名前の通り厚みの薄いグラスで、飲み口がとてもなめらかになり、液体が抵抗なくスッと入ってきます。画像の黒いマークはシールなので簡単にはがせます。

いのかず
耐久性は高くないので、洗うときや扱いには気をつけましょう。

耐久性も考えたタンブラー:東洋佐々木ガラス

【東洋佐々木ガラス】は薄さと耐久性のバランスがいいタンブラーです。デイリーユースを考えたら、耐久性のあるグラスのほうが洗い物のときに気を使わなくて済みます。

ホットグラス:HARIO

【HARIO】のホットグラスは電子レンジにも対応していて、ウイスキーの香りが立ちやすい形状になっています。扱いやすく、かつ価格もかなり安いので、持っておいて損はないでしょう。

まとめ:ウイスキーは飲むグラスで味わいが変わる!

ウイスキーは味・香り・色味のすべてを楽しむことができるお酒です。グラスはそれらすべての要素をより楽しむための重要な要素になります。グラス1つで味わいや趣が一気に変わるので、家飲みを充実させたいならぜひお気に入りのグラスを見つけてみてください。

▼高級ブランドのグラスを多数取り扱うサイト▼

おすすめのウイスキー用のグラス
最新情報をチェックしよう!