【レビュー】オールドプルトニー 12年【ハイランドなのに潮の香り!?】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、スコットランドのハイランド地方にあるオールドプルトニー蒸溜所で作られているシングルモルトウイスキー【オールドプルトニー 12年】を評価・レビューしていきます。

実際にバーで説明するときのように簡潔にわかりやすく説明していきます。

オールドプルトニーとは

潮風をよく受ける位置に蒸溜所があるため、ハイランドモルトなのにアイランズモルトのような荒々しい
潮気を感じる味わいが特徴
です。

12年の他にも15年、18年、25年…etc があります。

有名なブレンデッドウイスキーの【バランタイン】のキーモルト(ブレンドの中核をなすウイスキーの1つ)でもあります。

【レビュー】オールドプルトニー 12年

オールドプルトニー 12年


香り: 3潮気の中にハチミツの甘さを感じる。
味わい: 3そこまで甘くなく、軽くスパイシーでバニラや潮気。
ボディの強さ: 2.5ミドルボディでリッチな味わい。飲みやすさの中にも主張がある。
コスパ: 3.5この12年は家飲みには最適なコスパ。
総合評価: 312年熟成のウイスキーの中でも個人的には好印象。

  • バーボン樽熟成
  • 塩味をよく感じられる
  • 12年熟成の中では高評価
  • IWSCという国際的なお酒の品評会で賞を取っている

潮気のあるウイスキーはそんなに多くなく、キャンベルタウンの【スプリングバンク】やアイランズ(スカイ島)の【タリスカー】などが他に挙げられます。

結構パンチが効いていると思われるかもしれませんが外と飲みやすく、そこまで重くないのも特徴です。

ちなみにボトルのデザインがポットスチル(蒸留器)の形になっていて可愛らしいです。

こんな人にオススメ

  • 潮気を感じられるウイスキーが好きな人
  • 豊かな味わいのウイスキーを飲みたい人
  • コスパのいいウイスキーを買いたい人

オススメの飲み方

  • ストレート:○
  • ダイレクトに潮気と甘みを感じられる。

  • トワイスアップ:△
  • 香りが開きまろやかに。美味しいが、少し軽くなりすぎるか。

  • ロック:○
  • ストレートよりも少しだけスパイシーになる気がする。

  • 水割り:✕
  • 個人的には塩味の水割りはあまりオススメではない

  • ソーダ割り:○
  • 爽やかさと甘みのどちらもあり、食中にも合います。

水割り以外ならどれも美味しく飲める印象。

これが最適解!というものが無いので、それぞれの好みの飲み方で楽しめます。

まとめ

  • ハイランドモルト
  • 潮気を感じられる数少ないウイスキー
  • バーボン樽熟成
  • 12年もののウイスキーでは高評価


【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

オールドプルトニー12年のレビュー
最新情報をチェックしよう!