【バーテンダーが教える】自宅でカクテルを作る人にオススメの道具【レベル別に紹介】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回は宅飲みでカクテルを作るための道具【バーツール】を、作る人のレベル別でなにが必要なのかご紹介します。

こう思っている人にオススメ!

  • 家でもおいしいハイボールが飲みたい!
  • 宅飲みでカクテル作ってみたいけど、どんな道具が必要なんだろう
  • ネットで見ても種類がいっぱいあって選べない…
  • カクテル作るのにも慣れてきたし、新しい道具が欲しい!

最近はコロナの影響で居酒屋やバーに行きづらくなり、自宅で飲む機会も多くなったのではないでしょうか。でも宅飲みで缶ビール買って、チューハイ買ってそのまま缶で飲んで…ってなんとなく味気ない気がしませんか?

実は家でカクテルを作れるようになると、その日に自分が飲みたい味わいのお酒が飲めるようになります。

しかし初心者の人は【バーツール】を買うにしても「何が必要で何がいらないか」「商品がいっぱいある中でどれを選んだらいいか」分かりづらいと思いますので、そこも全部わかりやすく説明していきます。

広告

初心者が買うべき道具2選

初心者が買うべきバーツール

初心者は作れるカクテルの幅もそんなに多くないので、道具を持て余してしまわないよう最小限の紹介です。

ご紹介する2つのバーツールは全てのカクテルに使います。

メジャーカップ(ジガー)

お酒を量る道具です。
カクテルを作るにしても、ウイスキーの水割りやソーダ割り(ハイボール)を作るにしても、まずこれがないと何も始まりません。宅飲みでソーダ割りを作るときも、ちゃんと量るだけで味がぜんぜん違いますよ。

中に目盛がついていて、10ml,20ml/15ml,30mlが量れるものがオススメ。

バースプーン

マドラーではお酒が混ざらず、ちゃんとしたカクテルやハイボールなどを作るにはバースプーンは必須です。

長さは35cmのものがおすすめ。
40cmは使いやすいけど、長いので自宅で保管するには大変で、30cmだと短すぎてどうしてもステア(混ぜる)がしづらい。

慣れたら持っていたほうがいい道具

慣れたら欲しいバーツール

シェーカーとかミキシンググラスを買うまでは行かないけど、ほんの少しだけレベルアップしたいという人にオススメのバーツールです。

ほんの少しのことでも味が変わってきますので、慣れてきたらぜひ買うことをオススメします。

スクイーザー

レモンやライムを絞る道具。
スーパーで売っている濃縮還元の瓶に入ったレモンジュースを使っていた人も多いと思いますが、フレッシュなレモン・ライムを絞ったほうが断然おいしく仕上がります。

あわせて読みたい

こんにちは、いのかずです。 現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。 Twitterでレモンの絞り方の動画をアップしました。 レモンの搾り方の動画です🍋 地味な動画だけど、バーテンダ[…]

おいしいレモンの搾り方

オススメは、ガラス製で先端がなるべく鋭いもの。
先端が太いものだと、レモンやライムをスクイーザーに挿し込めないので、果汁が絞り出せません。ガラス製は耐久力があり、重さもあって扱いやすいです。

使用するカクテル

  • モスコミュール、ジンバック、ジントニックなど果汁を使うカクテル
  • ホワイトレディやギムレットなど(こちらはシェーカーを使用)

シズラー


ソーダやジンジャーエールなどの瓶の口をフタする道具です。同時に栓抜きにもなっています。

カクテルを作り慣れている人でもペットボトルのソーダやジンジャーエールを使い、シズラーを持っていない人がいますが、少しでもおいしくカクテルを作りたいなら瓶の割材に替えるべきです。ペットボトルと比べて容量の少ない瓶を使ったほうが炭酸が抜けづらいですし、2杯作ったら液体が全部なくなるからです。余って炭酸が抜けてた…ということが少なくなります。

使用するカクテル

  • ウイスキーのハイボール
  • ジントニックやモスコミュールなどの発泡性のあるカクテル

気の抜けたソーダ系カクテルほど不味いものはありません。

アイストング


名前の通り、氷を掴むトングです。

自宅でハイボールやカクテルを作っているとき、氷をグラスに入れるときに手で入れてしまうと中の液体が跳ねてしまうことがよくあります。手だとそもそも氷を入れづらいですよね。

アイストングを買えばその悩みが一発で解決します。安いものなのでぜひ買っておきましょう。

広告

そろそろ本格的に作る人向け

上級者向けバーツール

なれてくると、バーテンダーのようにシェーカーを使って本格的なカクテルが作りたくなると思います。家でシェーカーが振れたらカッコいいですよね。

シェーカー



オススメは360mlのものです。

360mlよりも小さいと、振ったときに空気が入りづらいのと手の熱がシェーカーに伝わりやすくなってしまいます。逆に360mlよりも大きいサイズだと家庭で作るには大きすぎて、使いづらいのと同時に水っぽいカクテルに仕上がります。

使用するカクテル

  • ギムレットやホワイトレディなどのショートカクテル
  • マタドールやジンフィズなどのロングカクテル

ミキシンググラス


ステンレス製よりもガラス製がオススメです。中が見えるし、手からの熱伝導もしにくく氷が溶けづらいです。

ストレーナーがセットになっているものを選びましょう。※単体では使えません

使用するカクテル

  • マティーニやマンハッタンなどのショートカクテル
  • (作り方によっては)ネグローニなどのロングカクテルも

カクテルピン


カクテルの装飾をするチェリーやオリーブなどを刺しておくピンです。
デザインはお好みでどうぞ。

使用するカクテル

  • マティーニやマンハッタンなど、中にガーニッシュ(飾り)を入れるスタイルのカクテル

ここまで来たらガチ勢のツール

カクテル上級者

さらに色んなカクテルを作りたいという人は、もうプロと同等のバーツールを持っていたほうがいいです。作れるカクテルの幅が無限になります。

ボストンシェーカー(2ピースシェーカー)


片方(ショートティン)がガラス製のものもありますが、全てステンレス製のものがオススメ。ガラス製は「割れてしまった」なんて声を聞くことがあります。

扱うのが難しく、慣れていない人はボストンシェーカーを上手く振れないほか、シェーカーが外れて中身をぶちまけてしまう恐れもあります。

カクテルに空気が入りやすく容量も多いため、フレッシュフルーツ(生の果実を使った)のカクテルを作りたい人に特にオススメ。

同時に使うことが多いので、一緒にミキサーも買いましょう。

使用するカクテル

  • フレッシュフルーツカクテル全般
  • (作り方によって)ソルティドッグやスプモーニなどのロングカクテルも
  • (作り方によって)スタンダードなショートカクテルも

ミキサー(ブレンダー)


家で作るカクテルで3杯も4杯も同時に作ることはまず無いので、1,2杯作れるだけのあまり容量が多くないミキサーがオススメ。

フレッシュフルーツカクテルを作りたい人は、同時に使うことも多いボストンシェーカーと一緒に買いましょう。

使用するカクテル

  • フレッシュフルーツカクテル全般
  • フローズンマルガリータなど、氷と材料を一緒にミキサーにかけるカクテル

参考動画!【フレッシュトマトのブラッディメアリー】

広告

補助的に持っておいてもいい道具

補助的なバーツール

マストアイテムではないけど、あったらベターくらいのアイテムです。

グラスダスター(グラスクロス)

グラスやバーツールを拭かずに洗いっぱなしにしておくと、水垢が目立ったり匂いがついてしまうことがあります。しっかりクロスで拭いてあげると、見た目も美しく清潔なグラスでカクテルを飲めます。

大きさはなるべく大きく長方形のものがオススメ。理由は単純で、拭きやすいからです。

注意点としては、柔軟剤を入れて洗ってしまうと吸水性が悪くなることです。洗濯機に一緒に入れて洗わないようにしましょう。

茶こし

こちらはシェーカーを使ったカクテルをグラスに入れるとき、氷のフレークを取り除くときに使います。(舌触りがなめらかになる)

またフレッシュフルーツのカクテルを注ぐときに、果実のだまを濾すためにも使われます。

茶こしはプロでも使う人と使わない人が分かれるので、使うかどうかは好みで構いません。※初心者はいらない

まとめ

他にもバーツールはあるのですが、正直家飲みでは必要ありません。

例えば【アイスピック】で言うと、「氷を割る」なんて作業をする人はおそらく家でカクテルを作る人の全体の1割もいません

【ペストル】も、モヒートやミントジュレップを作るときに使いますが、用途の幅が狭い道具を家飲みようで買うのはもったいないです。(よほど飲みたい人は別ですが…)

バーツールを買うときは、自分がどのカクテルを作りたくて、そのカクテルを作るにはどの道具が必要なのかをあらかじめ知っておくことが大切です。

カクテルブックはこちらを推奨

この記事を読んだあなたの宅飲みがより一層充実しますように!

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

おすすめのバーツール
最新情報をチェックしよう!