レビュー|サントリー ローヤル【華やかでクラシカルな味わい】

当ページのリンクには広告が含まれています。
サントリー ローヤルの評価・レビュー
いのかず

バーテンダー兼ブロガーの「いのかず(InoKazuBlog)」です。

今回の記事では、ジャパニーズウイスキーのブレンデッド「サントリー ローヤル」についてレビュー・評価をしていきます。

ウイスキーを買うときになるべく失敗したくない!という人は、ぜひ最後までご覧ください。

サントリー ローヤル
総合評価
( 4 )
メリット
  • 低価格なのに芳醇さがある
  • 豊かで華やかな味わい
  • ジャパニーズウイスキーの良さを感じられる
デメリット
  • ストレートだと接着剤のような風味をほのかに感じる
  • スッキリと飲みたい人にはミスマッチ
ローヤル
¥3,950 (2024/06/17 16:45時点 | Amazon調べ)
¥3,801 (2024/06/18 20:55時点 | Amazon調べ)
目次

サントリー ローヤル

サントリー ローヤル
原産国日本
分類ブレンデッド
容量700ml/660ml
度数43%

サントリー ローヤル」は、サントリーの創業者、かつ初代マスターブレンダーである鳥井信治郎の名作と呼ばれるウイスキーです。

ボトルは独特の形をしていますが、これは「酒つぼ」という意味を持つ漢字「酉(とり)」をイメージして作られたもので、コルク栓は鳥居をかたどっています。

いのかず

酉は「酒」という漢字の部首でもあります!「氵(さんずい)」じゃないんですね!

今でこそ3,000円くらいで買えるウイスキーですが、かつては上流階級の人しか飲めないほどの高級酒でした。

容量660mlの「スリムボトル」も販売していますが、希望小売価格をmlで換算してみると、スリムボトルの方がお得になることがわかります。

容量・価格換算表
サントリー ローヤル
ローヤル
サントリー ローヤル スリムボトル
ローヤル スリムボトル
容量700ml660ml
希望小売価格
(税込)
3,360円2,920円
換算した価格
(/100ml)
480円/100ml442.4円/100ml
いのかず

僕の場合、ボトルデザインは通常ボトルの方が好きなため、最初は通常ボトルを買って、なくなったらお得なスリムボトルを買って、通常ボトルの方に詰め替えています!

サントリー ローヤルの評価・レビュー

バーテンダーである筆者が、「サントリー ローヤル」を実際に飲んだときの評価・レビューをします。

いのかず

どんな味わいで、どんな飲み方がおすすめで、どこがおすすめのウイスキーなのかを詳しくご紹介!

テイスティングレビュー

数値が高い=良いウイスキーではありません

香り

甘く華やかで、芳醇な香り。

シロップ・オレンジピール・オーク香・ドライフルーツ

味わい

豊かで王道かつクラシカルな味わい。

しっかりめのオーク香・ドライフルーツ・モルトの甘み・わずかにシトラス・コーヒー・スパイス

余韻

長く続き、ウッディかつ若干のスモーキーさを感じる。

サントリー ローヤル」は、サントリーのブレンデッドウイスキーの中でも、上位クラスに位置するウイスキーです。(「響 JAPANESE HARMONY」の1つ下)

その位置づけに恥じない素晴らしいブレンドとなっていて、低価格でここまでの芳醇さが出せるのかと驚きました。

味わいの方向としては、シングルモルトの山崎」と似ていて、ウッディで華やかな印象です。

いのかず

おいしく、しかも低価格で安定して供給できるウイスキーなので、おのずと高評価になります。

飲み方別の評価

サントリーのブレンデッドの中でも比較的上位に位置するものの、意外とアルコールのアタックは強め。悪くはないが、少々気になる。接着剤のような風味を感じないこともない。

おすすめ度 [star-list number=3] 3

トワイスアップ

ストレートのときに感じたアルコール感がやわらぎ、甘さと華やかさ、フルーティーさが出てくる。1:1でも良いが、どちらかと言えば少量加水がおすすめ。

おすすめ度 [star-list number=4] 4

ロック

こちらもアルコール感が抑えられ、口当たりはなめらかになり、香りの抜けも良くなる。甘さは締まりすぎず、ちゃんと感じられる。

おすすめ度 [star-list number=5] 5

水割り

芳醇さ・華やかさが引き立つ。スッと染み込むような優しい水割り。ウッディさはあるものの、渋みやエグミまでは出ない。

おすすめ度 [star-list number=5] 5

ソーダ割り

おいしいが、このウイスキーの良さが出ているかと言われると、そうでもない。味自体が爽やかではないため、個人的にはソーダの爽快感とミスマッチ。

おすすめ度 [star-list number=3] 3

総合評価 [star-list number=4] 4

サントリー ローヤル」は、ストレートで飲むと少々飲みづらさを感じるものの、適切な飲み方をすれば、価格以上の味わいが感じられるウイスキーです。

コスパは高めで、低価格の割にリッチな味わいで、飲んだときの満足感があります。

どことなくオリエンタルな樽香があり、スコッチとの違いもしっかりと感じられるので、「ジャパニーズウイスキーの味」を知りたい人にもおすすめです。

いのかず

鳥井信治郎がウイスキー造りに込めた思いが、現代の僕たちにも伝わってくるような味わいがします。

サントリー ローヤルの評価まとめ

今回は、ジャパニーズウイスキーのブレンデッド「サントリー ローヤル」についてご紹介しました。

ご紹介したウイスキーのまとめ
  • 価格だけで言えば、容量660mlの「スリムボトル」がおすすめ
  • 芳醇な甘さと華やかな樽香が楽しめる
  • サントリーのブレンデッドの中でも上位クラスだが、低価格でコスパも良い

味の違いや系統を知るためにも、サントリーの他のウイスキーとの飲み比べも非常に勉強になります。

いのかず

やはり味わいの似た「山崎」や、上位モデルとなる「響 JAPANESE HARMONY」、1ランク下の位置づけとなる「リザーブ」も飲んでおきたいところ!

ローヤル
¥3,950 (2024/06/17 16:45時点 | Amazon調べ)
¥3,801 (2024/06/18 20:55時点 | Amazon調べ)
いのかず

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでのシェアやブログのブックマーク、下記リンクからのご支援をお願い致します!

\このブログが役にたったと思ったら/

サントリー ローヤルの評価・レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑

Please Share!!

Comment

コメントする

CAPTCHA

目次