【レビュー】ザ・グレンリベット 12年【必ず飲んでおきたいシングルモルト】

ザ・グレンリベット 12年のレビュー・評価
いのかず

「ザ・グレンリベット 12年」はシングルモルトの中でも本当に有名なので、ウイスキーを飲むなら絶対に一度は飲んでおくべきだと思っているいのかず(@InoKazuBlog)です。

今回の記事では、スコッチウイスキーのスペイサイドモルト「ザ・グレンリベット 12年」について、

  • 評価・レビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか
  • ネット上での評判

これらについてご紹介していきます。

目次

ザ・グレンリベット 12年

  • 度数:40%
  • 容量:700ml
  • 分類:シングルモルト(スペイサイド)
  • 蒸溜所:グレンリベット
  • :バーボン樽・ヨーロピアンオーク樽
  • 受賞歴:サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 2020【ダブルゴールド】

グレンリベット 12年」は、世界で2番目に売れているシングルモルトスコッチです。(1位はグレンフィディック

とても王道な味わいで、ウイスキー初心者でも飲みやすく、シングルモルトウイスキーの入門銘柄としてよく名前が挙がります。

蒸溜所名、ブランド名にもなっているグレンリベット(Glenlivet)は、ゲール語で「静かな谷」という意味があり、同蒸溜所は1824年、英国政府公認第一号の蒸溜所になった歴史ある蒸溜所です。

いのかず

そんな歴史ある蒸溜所だからこそ、これだけベストセラーになっても原酒不足に陥らず、安定供給できるような設備がしっかり整っているんですね。

ザ・グレンリベット 12年の評価・レビュー

ザ・グレンリベット 12年」は、とてもスタンダードな味わいなので、良くも悪くも飲みやすさがあります。

いのかず

(それぞれが個性的なシングルモルトに対してスタンダードなんてあるわけないだろという声が聞こえてきそうですが…)

この良くも悪くもと言うのは、クセがなくて飲みやすいウイスキーが好きな人もいれば、飲みやすすぎてつまらないという人もいるからです。

ウイスキーは嗜好品なので、飲み手によって好みがかなり分かれます。

その点「ザ・グレンリベット 12年」はクセがなく、甘くてフルーティー、かつライトめな飲み心地で、比較的幅広い人に受け入れられやすい味わいと言えるでしょう。

いのかず

そのため、ウイスキー初心者には特におすすめです!

コスパも良好で、シングルモルトの12年熟成で3,000円代はなかなかありません。

家飲みで買おうか考えている人にとっては、気軽に買える価格帯は嬉しいですね。

ザ・グレンリベット 12年の味わい

味わいグラフ
豊かさ
2.5
クセの強さ
0
甘さ
3.5
フルーティーさ
4
味わいの厚み
2
いのかず

グラフにテイスティングをしたときの印象をまとめましたが、「この数値が高いほど高評価!」ということではありません。

あくまで味わいの強さやニュアンスを表しています。

ザ・グレンリベット 12年」は、ウイスキーの原料である大麦麦芽(モルト)やバニラ、ハチミツ系の甘さがあります。

フルーティーさもしっかり感じられ、こちらは青リンゴやパイン、柑橘系のフルーツです。

若干ビターさやアルコールのアタックも感じられますが、比較的飲みやすい方でしょう。

香りもバニラや青リンゴ、ナッツ、フローラルな香りが楽しめます。

いのかず

シングルモルトの中ではけっこう低価格帯なため、それを考えると概ね高評価!

バランスはなかなか良い方で、ライトでクリーミー、まろやかな飲み心地です。

ザ・グレンリベット 12年」はよく「とりあえず飲んでおくべき・知っておくべきウイスキー」と言われるウイスキー(僕も言ってしまっていますが)なので、逆に敬遠してしまう人もいるのではないでしょうか?

スーパーなどでも売っているため、「別に今度買えばいいや~」となる人もいるでしょう。

いのかず

実際に僕の周りでもけっこういました。

それだけ身近なウイスキーではありますが、飲んでみるとやはり好印象で、比較的安いお酒でも侮ってはいけません。

飲んだことのない人は、一度飲んでみる価値は間違いなくあります。

ザ・グレンリベット 12年の飲み方別の評価

飲み方別のおすすめ度
ストレート
2
トワイスアップ
4
ロック
2
水割り
3
ソーダ割り
5
いのかず

ストレート・トワイスアップ・ロック・水割り・ソーダ割りでそれぞれ飲んだ評価をご紹介します。

ザ・グレンリベット 12年」の1番おすすめの飲み方はソーダ割り(ハイボール)です。

スッキリと爽やかなフルーティーさが際立ち、ソーダ割りに求める爽快感や、サッパリとした飲み心地が楽しめます。

ただドライな感じでもなく、程よく甘さも感じ、バランスが良いです。ビターさも少しだけ。

いのかず

ドライでキレのあるソーダ割りが飲みたい人だと「少し違うな?」という印象があるかもしれません。

トワイスアップや水割りにすると、アルコールの角が取れ、ふんわりとした甘さとフルーティーさが感じられます。

ロックはビターさや樽の渋みを感じるようになり、甘さとフルーティーさが締まってシャープな印象になるため、好みが分かれるでしょう。

ストレートも美味しいのですが、アルコールのアタックは感じます。しかし、味わいの個性や奥行きは1番よく感じられるので、アルコールに強い人は試してみましょう。

いのかず

僕はもっぱらストレートで飲んでいます。慣れてくるとストレートでもしっかり味わいがわかるようになっていきますが、無理は禁物!水などのチェイサーをしっかり飲みましょう。

ザ・グレンリベット 12年」を飲んで感じたのは、どの飲み方でもけっこう美味しく飲めることです。

家飲みで買おうか迷っている人は、気分によって飲み方を変えられるような汎用性の高いウイスキーを1本置いておくと、とても重宝します。

総合評価   3.0

僕が個人的に感じる「ザ・グレンリベット 12年」の1番の良さは味わいの良さではなく、

  • 気軽に買える価格帯
  • いろんな飲み方で楽しめる汎用性
  • どんなコンディションでも飲めるような飲みやすさ

この辺りがとても高評価です。

これからウイスキーを飲むなら避けては通れないウイスキーですので、「まだ飲んでないよ!」という人は必ず飲んでおきましょう。そのくらい有名で王道な銘柄です。

いのかず

僕も1番最初に覚えたシングルモルトでした!

ザ・グレンリベット 12年はこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ
  • まず最初にどんなウイスキーから飲めばいいか迷っている人
  • コスパに優れたウイスキーが飲みたい人
  • クセのないウイスキーがいい人
  • 家飲みでいろんな飲み方を楽しみたい人

ザ・グレンリベット 12年」はクセがなくスッキリしていて、バランスの良い味わいのため、ウイスキー初心者には特におすすめです。

シングルモルトの12年熟成としては低価格帯で、日常的に飲むお酒としてなかなかのコスパを誇ります。

いのかず

スタンダードな味わいの銘柄を知っておくと、これよりももっとクセのあるウイスキーが好き、もっと甘いウイスキーが好き、もっとスッキリしたウイスキーが好きなど、自分の好みの指標が立てやすくなります。

ザ・グレンリベット 12年のSNSでの評判

https://twitter.com/SKRound0719/status/1477864712033701888
https://twitter.com/Azu_CaskFinish/status/1488845913796018177
https://twitter.com/win80910/status/1498976419028025347
いのかず

8割以上は良い評判でした!
やはり、コスパの良さと飲みやすさの評価が高かったです。
良くない評判ですが、飲みやすさが仇となり、甘さが苦手という人や、「ザ・グレンリベット 12年」を買うならよく比較されがちな「グレンフィディック 12年」の方が好きという意見がありました。

この辺りは好みの問題なので、しょうがないところもありますね。

ザ・グレンリベット 12年のレビュー・評価まとめ

今回ご紹介した「ザ・グレンリベット 12年」のまとめです!

  • ウイスキーを飲むならまずは知っておきたいシングルモルトスコッチ
  • コスパが良く、家飲み用にぴったり
  • いろんな飲み方で楽しめるウイスキー

とても王道の銘柄で、世界的にも有名なウイスキーです。

クセがなく価格帯も低めなシングルモルトなので、これから本格的にウイスキーを飲み始めようかなと思っている人は、ぜひ一度飲んでみましょう。

いのかず

ウイスキーの良さを感じる第一歩になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バーテンダー6年目。
どこかの覆面チーフバーテンダー。

勉強とかではなく、ただただ好きでウイスキーを飲みまくっているマン。

好きなウイスキーはクライヌリッシュ。
好きなカクテルはカンパリソーダ。

コメント

コメントする

目次