\ ポイント最大10倍セール! /

【レビュー】ボウモア 12年【スモーキーなウイスキーの適性を分けるアイラの女王】

ボウモア12年の評価・レビュー
いのかず

いわゆる「クセの強いウイスキー」を美味しいと初めて思ったのがボウモアだったいのかず(@InoKazuBlog)です。

今回の記事では、スコッチウイスキーのアイラモルト「ボウモア 12年」について、

  • 評価・レビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか
  • ネット上での評判

これらを中心にご紹介していきます。

目次

ボウモア 12年

  • 度数:40%
  • 容量:700ml
  • 分類:シングルモルト(アイラ)
  • 蒸溜所:ボウモア
  • :バーボン樽・スパニッシュオークシェリー樽
  • 受賞歴:インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 2017【ゴールド】

ボウモア 12年」はアイラの女王と呼ばれており、アイラの王「ラフロイグ 10年」など、他のアイラモルトと比較すると穏やかなスモーキーさのウイスキーです。

そのため、アイラモルトを飲んだことがない人の入門編としてよく名前が挙がります。

いのかず

ちなみに、商品名でもある「ボウモア(Bowmore)」は、ゲール語で「大きな岩礁」という意味です。

ボウモア 12年の評価・レビュー

ボウモア 12年」は、クセの強いアイラモルトの中でも、比較的飲みやすい部類のウイスキーです。

とはいえ、ウイスキー全体で見るとけっこうスモーキーさはあるため、注意しましょう。

いのかず

しかし、これからアイラモルトを飲み始めたい!クセのあるウイスキーを飲み始めたい!という人が試すにはぴったりです。

ちなみに、ハーフボトルも売っているため、気軽にお試しできます。
(価格的にはフルボトルがおすすめですが)

ボウモア 12年の味わい

味わいグラフ
豊かさ
2.5
クセの強さ
3.5
甘さ
2
バランスの良さ
4
味わいの厚み
3
いのかず

グラフにテイスティングをしたときの印象をまとめましたが、「この数値が高いほど高評価!」ということではありません。

あくまで味わいの強さやニュアンスを表しています。

ボウモア 12年」は、全体的に味わいのバランスが取れています。

蒸溜所が海沿いにあるため、味わいに潮気が含まれることも特徴です。

しっかりとしたスモーク、スパイシー、ビターなニュアンスも感じ取れます。

キャラメルやドライフルーツのような甘さ、柑橘系の爽やかさもほのかに含んでおり、ただクセが強いだけではありません。

いのかず

クセの強いウイスキーは、嫌いになるか好きになるかハッキリ分かれます。

好きになる人はとことんハマり、嫌いな人はまったく受け付けません。

味わいはしっかりしているものの、重たいわけではなく、なめらかな飲み心地もあり、飲みやすさはあります。

これからアイラモルトに手を出そうとしている人には比較的とっつきやすい味わいなので、飲んで見る価値はあるでしょう。

ボウモア 12年の飲み方別の評価

飲み方別のおすすめ度
ストレート
5
トワイスアップ
1
ロック
4
水割り
2
ソーダ割り
3
いのかず

ストレート・トワイスアップ・ロック・水割り・ソーダ割りでそれぞれ飲んだ評価をご紹介します。

ボウモア 12年」の1番おすすめの飲み方はストレートです。

スモーキーさはあるものの、パンチはそこまでなく、爽やかかつ穏やかな感じで飲めます。

上品な味わいをそのまま味わえるので、お酒に強い人はぜひストレートで飲んでみましょう。

いのかず

味わいにパンチが欲しい人からすると、少し物足りない可能性もあります。

しかし、これがボウモアの良さでもあるので、クセはありつつも優しい味わいを楽しみましょう。

ロックにすると潮の香りやスモーキーさをよく感じます。ストレートで感じた柔らかさとは違った表情を見せてくれておもしろいです。

ソーダ割りにすると、爽やかで甘みもありつつ、マイルドなスモーキーさを感じます。バランスが良いので、けっこうスルスル飲めます。

トワイスアップや水割りだと、ボウモア本来が持つ優しさがさらに伸ばされて、単に味わいが薄まってしまう感じがしました。

いのかず

個人的には、まろやかで飲みやすいウイスキーは、加水するとしても少量がおすすめです。

数滴入れるだけでも、だいぶ違った印象になります。

ボウモア 12年」を飲んで感じたのは、上品なスモーキーさは飲み疲れしづらいということです。

クセが強すぎるウイスキーは、美味しくは飲めるのですが、杯数が進むとけっこう疲れてきてしまいますし、他の味わいのウイスキーが飲みたくなってきます。

いのかず

しかも、あまりに疲れている日だと、飲むのもけっこうシンドい日があります…

比較的ボウモアはそういったことが起こりません!

総合評価   3.5

僕が個人的に感じる「ボウモア 12年」良さは、

  • スモーキーさはしっかりありつつも、上品でバランスの取れた味わい
  • クセはありつつも、飲み疲れしないなめらかさ

この辺りがとても高評価です。

そこそこ安く、安定して美味しく飲めるウイスキーなので、まだ飲んだことのない人は、ぜひ飲んでみてください。

いのかず

地味にハーフボトルがあるのも高評価。気軽に試したいとき、久々に飲みたいけど1本まではいらないときに買えるのが嬉しいです。

ボウモア 12年はこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ
  • これからアイラモルトに挑戦しようと思っている人
  • スモーキーなウイスキーは好きだけど、そこまでの強さを求めていない人
  • シンプルにまだ飲んだことのない人

ボウモア 12年」はとてもバランスが良く、単純にけっこう美味しいので、スモーキーさが嫌いな人・味わいに強いパンチを求めている人以外はおすすめです。

正直、ボウモアを飲んで「けっこうクセが強くてキツイ!」という人は、スモーキーさのない「ブルイックラディ」や「ブナハーブン」以外のアイラモルトは、飲むのを諦めた方がいいでしょう。

いのかず

ボウモアのスモーキーさは、アイラモルトの中でもかなり優しめです!

BOWMORE(ボウモア)

ボウモア 12年のSNSでの評判

https://twitter.com/tomi_tomi_1030/status/1463826203802947590
https://twitter.com/you48216710/status/1439210900947275783
いのかず

ざっくり見た感じ、9割以上は良い評判でした!程よいスモーキーさと甘さ、上品さが高評価な様子。

良くない口コミの方は、スモーキーさが合わないという声ばかりでした。ボウモアはアイラモルトの中でもクセは弱いほうですが、それでも全体的に見たらかなりスモーキーなウイスキーです。

スモーキーなウイスキーは好き嫌いがハッキリ分かれるので、ハマるかハマらないかは、正直飲んでみないとわかりません。

ボウモア 12年のレビュー・評価まとめ

今回ご紹介した「ボウモア 12年」のまとめです!

  • クセの強いアイラモルトの中では優しい味わい
  • しっかりスモーキーな風味がありつつも、上品でまろやか
  • とりあえず試してみたい!という人はハーフボトルもある

これからアイラモルトに挑戦しようとしている人にとてもおすすめの銘柄です。

ボウモアを飲んで苦手と思ったら、それ以上クセのあるアイラモルトはもう飲めないという指標にもなります。

飲みやすさはあるウイスキーですし、まずはおさえておきたい有名な銘柄でもあるので、ぜひ一度飲んでみましょう。

いのかず

ウイスキーの良さを感じる第一歩になれば幸いです!

BOWMORE(ボウモア)
ボウモア12年の評価・レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる