\ 楽天スーパーセール開催中! /

レビュー|ラフロイグ 10年の特徴・味・飲み方を紹介【正露丸のような薬品香と力強いスモーキーさ】

ラフロイグ 10年の評価・レビュー
ご紹介するウイスキーの簡単まとめ
  • ~
  • ~
  • ~
いのかず

どうも、バーテンダー兼ブロガー&ライターのいのかずです。

今回の記事では、スコットランドのアイラ島で造られるシングルモルトウイスキー「ラフロイグ 10年(正規品)」についてレビュー・評価をしていきます。

ウイスキーを買うときになるべく失敗したくない!という人は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

ラフロイグ 10年

ラフロイグ 10年(750ml 43%)
原産国スコットランド
分類シングルモルト
(アイラ)
容量750ml
度数43%
熟成樽1stフィルバーボン樽

ラフロイグ 10年「アイラモルトの王」と呼ばれ、シングルモルトで初の英国のロイヤルワラント(王室御用達)をいただいたウイスキーです。そのクセの強さから「好きになるか、嫌いになるかのどちらか。」というキャッチコピーが作られ、好きになる人はとことんハマるけれど、嫌いな人はまったく受け付けないというパンチの効いた味わいがあります。

実は今回ご紹介するラフロイグ 10年ですが、実は2種類のボトルがあるのをご存知でしょうか?記事のはじめに「正規品」に対するレビューと書いたのはこのためです。

  • 正規品:容量750ml・度数43%
  • 並行品:容量700ml・度数40%

どちらをおすすめするかと言われたら、間違いなく正規品がおすすめです。価格がほとんど変わらないにもかかわらず、容量が多くて度数も高いなら、並行品を買う選択肢はありません。

いのかず

「度数が高いのはちょっと…」という人もいるかもしれませんが、43%を40%に薄めることはできても、40%のものを43%に濃くすることはできません!度数は加水で調節できるので、迷わず正規品を買いましょう。

ラフロイグ 10年の評価・レビュー

評価・レビュー

バーテンダーである筆者がラフロイグ 10年を実際に飲んだときの評価・レビューをします。

いのかず

どんな味わいか・どんな飲み方がおすすめなのか・どこがおすすめのウイスキーなのかを詳しくご紹介!

テイスティングレビュー

数値が高い=良いウイスキーではありません

香り

力強いスモーク、薬品香、潮気、革製品のようなクセがあり、ほんのりバニラ系の甘い香りも漂います。

味わい

厚みがあって豊かな味わいです。荒々しさの中に、柑橘の爽やかさ、オークの風味、甘草、オイリーさ、麦の甘みも感じます。とはいえそこまで酒質は重くなく、意外と飲みやすさもあります。

余韻

長く続き、スモークと一緒にビターでスパイシーなニュアンスも感じます。

ラフロイグ 10年は、力強いスモーキーさと海風を感じる潮気のある味わい、正露丸のようなヨード系の薬品香が特徴的です。フェノール値(ざっくり言うとスモーキーさ)は約45ppmと、クセの強いウイスキーがひしめくアイラモルトの中でも、しっかりと存在感を放っています。

下の表に、他のスモーキーなアイラモルトとのフェノール値比較をまとめました。これを見れば、ラフロイグはけっこうスモーキーな感じだなとイメージがつくはずです。

ウイスキー名フェノール値
アードベッグ 10年約55ppm
キルホーマン マキヤーベイ約50ppm
ラフロイグ 10年約45ppm
ラガヴーリン 16年約35ppm
カリラ 12年約30ppm
ボウモア 12年約25ppm

厳密に言うとフェノール値だけでスモーキーさが計れるわけではありませんが、実際に飲んでもスモーキーさは表のとおりの順番かなと思います。

いのかず

スモーキーさに感覚を持っていかれがちですが、意外と甘さもあります!味わいは濃厚ですが、飲み口は意外にも軽さがあるため、比較的飲みやすいです。

飲み方別の評価

ラフロイグの強い個性をダイレクトに味わえるので、まずはストレートで飲んでみましょう。10年熟成という割りと若めのウイスキーながらも、ゆっくりと楽しめます。

おすすめ度 5

トワイスアップ

加水してもボディがなくならず、風味が開いて美味しいものの、加水は少なめがおすすめです。潮気とバニラのような甘さがしっかりと感じられます。

おすすめ度 2

ロック

スモーキーさが引き立ち、口の中で液体が温まると甘みもしっかり感じられます。オーク香とスパイシーさも、他の飲み方と比べると出てきました。

おすすめ度 4

水割り

美味しいのですが、味わいのバランスを良く作るにはそこそこ技術が必要な感じがします。意外と軽くなりすぎるので、ほんの少し濃い目に作るのがおすすめです。

おすすめ度 2

ソーダ割り

ソーダの発泡性に負けないスモーキーさ・潮気があり、個性が失われません。スッキリとした飲み口で、ほんのりバニラのような甘みも感じます。

おすすめ度 3

総合評価 3.5

ラフロイグ 10年は、しっかりとした個性とクセの強さはありつつも嫌味がなく、格式の高さを感じます。ただスモーキーなだけではなく、複雑な味わいが楽しめるのも高評価です。しかも意外とどの飲み方でも美味しく飲めるので、家飲み用としてもパフォーマンスを発揮してくれます。10年熟成の割りには若干価格が高いものの、750mlでこの味わいなら納得です。

いのかず

とても有名で王道な銘柄なので、これからウイスキーを飲んでいくなら必ずおさえておきたい銘柄の1つです。

まとめ:ラフロイグ 10年はスモーキーさと正露丸のような薬品香だけではない由緒正しきウイスキー

クセが強いので初心者からするととっつきにくい印象ですが、とても有名な銘柄なので、ぜひとも一度飲んでもらいたいです。

もし「軽めのスモーキーさから試したい」という人は、比較的優しめの「ボウモア 12年」から試してみるのもよいでしょう。

いのかず

ボウモアのレビューはこちらから見られます!

\ウイスキーにピッタリのグラスを探している人におすすめ/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バーテンダー6年目。
どこかの覆面チーフバーテンダー。

勉強とかではなく、ただただ好きでウイスキーを飲みまくっているマン。

好きなウイスキーはクライヌリッシュ。
好きなカクテルはカンパリソーダ。

コメント

コメントする

目次