【レビュー】グレンゴイン 10年【優しくクセのない高評価ウイスキー】

グレンゴイン 10年の評価・レビュー
いのかず

どんなコンディションのときでも飲みやすいウイスキーが1番落ち着くいのかず(@InoKazuBlog)です。

今回の記事では、スコッチのハイランドモルト「グレンゴイン 10年」について、

  • 評価・レビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか
  • ネット上での評判

これらについてご紹介していきます。

目次

グレンゴイン 10年

グレンゴイン10年
  • 度数:40%
  • 容量:700ml
  • 分類:シングルモルト(ハイランド)
  • 蒸溜所:グレンゴイン
  • :バーボン樽・シェリー樽
  • 受賞歴:インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 2020【ゴールド】

グレンゴイン 10年は、ノンピート麦芽(スモーキーなクセがない麦芽)を使って造られるウイスキーです。

優しく柔らかい口当たりで、初心者には特に飲みやすく、美味しいウイスキーとしておすすめできます。

10年熟成と、シングルモルトとしては少し熟成期間が短いですが、それを上回る完成度です。

いのかず

ちなみに、グレンゴイン(Glengoyne)は、ゲール語で「雁の谷」という意味があり、ボトルデザインにも雁が描かれています。
どんなコンディションのときでも飲めて、本当に落ち着く感じ!

グレンゴイン 10年の評価・レビュー

いのかず

あくまで個人の感想であって、全員が同じように感じるわけではないので、ご了承ください。
もし「自分はこう感じました!」という人がいたら、この記事の最後でコメントをくれたら嬉しいです。

テイスティング評価

スクロールできます
評価項目ノート評価
香りハチミツ、青リンゴ、クリーム、ナッツ
(3.5 / 5.0)
味わいモルトの甘味、レモン、リコリス
(4.0 / 5.0)
フィニッシュ長くはないが、ふんわりきれいに抜ける。
甘めで心地よい。
(4.0 / 5.0)
コスパ味わいと総合的なバランスからするとそこそこ。
(3.5 / 5.0)

ノンピートなだけあって、いわゆるスコッチの「クセ」はなく、初心者でも美味しく飲めるでしょう。

だからと言って、ウイスキーを飲み慣れた人が満足できないかと言われると、そんなこともありません。

味わいのバランスがとても良く、とてもよくできたウイスキーだなと感じます。

いのかず

一応シェリー樽も使われていますが、味わいのほとんどがバーボン樽由来のものでした。
10年熟成でこのレベルはかなり満足!

飲み方別の評価

スクロールできます
評価項目ノート評価
ストレートストレートでもアルコールのアタックは少なめ。
スッキリしつつも甘く、飲みやすい。
(4.0 / 5.0)
ロック味が締まりすぎず、意外にもしっかり風味が感じられる。
(3.0 / 5.0)
水割り優しく染み込むような甘さ。
軽めなので、水は入れすぎないように注意。
(4.5 / 5.0)
ソーダ割りストレートと同様にスッキリしつつも甘さがあり、
バランスが良い。
発泡性に負けることもない。
(4.5 / 5.0)

グレンゴイン 10年はとても万能選手で、どの飲み方でも美味しく飲めます。

ロックも美味しいのですが、甘さと味わいの輪郭、割り方から感じる良さを総合的に見ると、少しだけ評価が下がりました。

他の飲み方はかなり好印象です。

総合評価   4.0

グレンゴイン 10年は、一般的にあまり知られておらず、10年熟成と短い熟成期間ではありますが、実はとても美味しいウイスキーです。

どの飲み方でも楽しめますし、どんな人でも比較的満足できる味わいでしょう。

いのかず

僕は初めて飲んだときよりも、飲み慣れてから飲んだときのほうが良さをしっかりと感じました。

グレンゴイン 10年はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • 飲みやすいウイスキーが好きな人
  • 家飲みをいろんな飲み方で楽しみたい人
  • モルトの甘味を感じるウイスキーが飲みたい人

グレンゴイン 10年は、家飲みとして飲むならとても優秀なウイスキーです。

家飲みの1番のメリットは、やはり自分なりのアレンジができることでしょう。

自分好みの量や濃さ、割り方がいろいろと楽しめるので、1本置いてあると重宝します。

グレンゴイン 10年の評判

いのかず

良い評判を見ると、飲みやすい味わいが高評価な様子でした。
イマイチな評判を見ると、やはり10年という短熟からか、少しだけアルコールのアタックを感じてしまう人もいるようです。
僕はむしろそこまでアタックを感じず、10年の割にはとても飲みやすいウイスキーだなと感じました。

グレンゴイン 10年と飲み比べてみたいウイスキー

いのかず

せっかくグレンゴイン 10年を飲むなら、飲み比べるとおもしろいウイスキーがあるのでご紹介します。

アラン 10年

  • 度数:46%
  • 容量:700ml
  • 原産国:スコットランド
  • 分類:シングルモルト(アイランズ)
  • :1stフィルバーボン樽・ホグスヘッドシェリー樽
  • フルーツの系統:青リンゴ、メロン、洋梨
  • おすすめの飲み方:ロック、ソーダ割り
  • 受賞歴:サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション 2018【ダブルゴールド】
2020年にボトルデザインが一新して、美味しくなったという声が多い。

アラン 10年は、バランスが良く、フルーティーで軽やかな味わいが楽しめます。

アイランズモルトですが、スペイサイドモルトのような華やかさもあり、おもしろいです。

味わい自体はだいぶ違いますが、グレンゴイン 10年と同じくバーボン樽・シェリー樽が使われています。

しかし、使われている樽の形やフィルの回数(何回使用した樽なのか)が少しだけ違うので、飲み比べとしては面白いでしょう。

いのかず

グレンゴインの方が軽くて甘く、飲みやすいです。
アランはしっかりとした味わいと潮気、リッチさを感じます。

まとめ:グレンゴイン 10年は麦の甘さを感じる家飲みにぴったりなウイスキー

グレンゴイン 10年は、家飲みに最適なウイスキーです。

そもそもの味が美味しく、かついろんな飲み方で楽しめます。

家でウイスキーを飲む人は、1本置いておくとかなり便利です。

いのかず

これを機にぜひ一度飲んでみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

バーテンダー6年目。
どこかの覆面チーフバーテンダー。

勉強とかではなく、ただただ好きでウイスキーを飲みまくっているマン。

好きなウイスキーはクライヌリッシュ。
好きなカクテルはカンパリソーダ。

コメント

コメントする

目次