\ 楽天ポイント最大10倍! /

【レビュー】キルホーマン サナイグ【深い甘さと力強いスモーク】

キルホーマンサナイグの評価・レビュー
いのかず

スモーキーなウイスキーは、あんまり重い酒質のものよりも、キルホーマのようにサラッとしているものの方が好きないのかず(@InoKazuBlog)です。

今回の記事では、スコッチウイスキーのアイラモルト「キルホーマン サナイグ」について、

  • 評価・レビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか
  • ネット上での評判

これらについてご紹介していきます。

目次

キルホーマン サナイグ

  • 度数:46%
  • 容量:700ml
  • 分類:シングルモルト(アイラ)
  • 蒸溜所:キルホーマン
  • :オロロソシェリー樽・バーボン樽
  • 受賞歴:インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ【ゴールド】

キルホーマン蒸溜所はファームディスティラリー(農場型蒸溜所)で、大麦の栽培を自社蒸溜所でおこなっています。

質の高い麦を作っているため、モルトの甘みを感じやすいです。

このサナイグという名前は、キルホーマン蒸溜所の近くにある「サナイグ(Sanaig)」というゴツゴツした岩ばかりの入り江が由来となっています。

フェノール値は50ppmで、ピート香が強めのウイスキーです。

熟成にシェリー樽とバーボン樽のどちらも使っていますが、シェリー樽の比率がかなり高くなっており、フルーティーで深い甘みが楽しめます。

キルホーマン サナイグの評価・レビュー

いのかず

あくまで個人の感想であって、全員が同じように感じるわけではないので、ご了承ください。
もし「自分はこう感じました!」という人がいたら、この記事の最後でコメントをくれたら嬉しいです。

テイスティング評価

スクロールできます
評価項目ノート評価
香りキャラメル、スモーク、焼けた木、
ドライフルーツ、潮気
(3.5 / 5.0)
味わいプラム、ダークチョコ、
ビターなオーク、ピート
(4.0 / 5.0)
フィニッシュフルーティー、ココア、スパイス
(4.5 / 5.0)
コスパ価格相応の味わいはある。
飲んだことのない人は一度飲む価値あり。
(3.0 / 5.0)

キルホーマン サナイグは、リッチかつフルボディで、しっかりとした個性と甘く力強い風味が楽しめます。

フィニッシュも長く続くので、満足度は高いです。

飲み方別の評価

スクロールできます
評価項目ノート評価
ストレート若いウイスキーならではのパンチの強さを感じる。
とはいえシェリーの甘みがあり、飲みやすい。
(4.5 / 5.0)
ロック味自体はしっかりしているが、飲み口はサラッとしている。
強いアルコールに慣れていない人におすすめ。
(4.0 / 5.0)
水割り酒質自体は軽いため、意外にも馴染む。
が、シェリー樽の渋みも感じる。
(2.0 / 5.0)
ソーダ割り香りは良いが、シェリーの甘みとスモーキーさ、
どっちつかずな印象がある。
(2.5 / 5.0)

スモーキーかつしっかりとした甘みが特徴なので、そのどちらも楽しめる飲み方となると、最低限の加水程度にしおくのがおすすめです。

総合評価   3.5

キルホーマン サナイグは、フルーティーさとスモーキーさのバランスが良いウイスキーです。

ピート香が強くクセはありますが、甘さと酒質の軽さも持ち合わせているため、そこまでウイスキーを飲み慣れていない人にもおすすめできます。

いのかず

単パンにチが強いだけのウイスキーではありません。

キルホーマン サナイグはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • スモーキーなウイスキーの中でも、甘みが欲しい人
  • クセの強いウイスキーを飲んでみたい人
  • まだスタンダードなアイラモルトしか飲んだことのない人

キルホーマン サナイグはクセがありつつも、甘くリッチな味わいがあります。

加えて酒質もサラッとしており、意外にも初心者でも手を出しやすいです。

キルホーマン サナイグの評判

https://twitter.com/yoshiiku_97/status/1420024366549639188
https://twitter.com/78lst/status/1026491087165091841
いのかず

良い評判と悪い評判のどちらも載せようと思ったのですが、悪い評判が全然見つかりませんでした!

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で見る
\最大10%ポイント追加!/
PayPayモールで見る

キルホーマン サナイグと飲み比べてみたいウイスキー

いのかず

せっかくキルホーマン サナイグを飲むなら、飲み比べるとおもしろいウイスキーがあるのでご紹介します。

キルホーマン マキヤーベイ

  • 度数:46%
  • 容量:700ml
  • 原産国:スコットランド
  • 分類:シングルモルト(スペイサイド)
  • :バーボン樽・オロロソシェリー樽
  • 香り:しっかりとしたスモークと草のような爽やかさ
  • :スッキリとしたスモークと麦の甘さ
今回ご紹介した「サナイグ」とは真逆のコンセプトで作られた商品。

キルホーマンのもう1つの通常ラインナップであるキルホーマン マキヤ―ベイは、「マキヤ―ベイ(Machir Bay)」というアイラ島で1番きれいな浜辺が由来となっています。

樽構成の違いもおもしろく、サナイグはシェリー樽がメイン、マキヤーベイはバーボン樽がメインとなっており、味わいまで真逆です。

いのかず

名前と味わい、すべてにおいて真逆というのがおもしろいですね!
ぜひ飲み比べてみましょう!

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で見る
\最大10%ポイント追加!/
PayPayモールで見る

ボウモア 12年

ボウモア 12年
  • 度数:40%
  • 容量:700ml
  • 原産国:スコットランド
  • 分類:シングルモルト(アイラ)
  • :バーボン樽・スパニッシュオークシェリー樽
  • 香り:柔らかな磯の香りとスモーキーさ
  • :ダークチョコ・ドライフルーツのような深い甘み
フロアモルティング」と呼ばれる伝統的な方法で製麦している。
蒸溜所はアイラ島最古。
Bowmoreは「大きな岩礁」の意。

ボウモア 12年「アイラの女王」とも呼ばれ、上品なスモーキーさと深い味わいが特徴です。

樽の構成自体はキルホーマン サナイグと同じで、バーボン樽とシェリー樽が使われています。

違いは比率で、ボウモアの方がバーボン樽熟成の原酒が多めです。

いのかず

キルホーマン サナイグよりもクセは少なめなので、アイラモルトの入門編としてもぴったりです!

まとめ:キルホーマン サナイグはスモーキーながらも甘口なウイスキー

今回は、スコッチウイスキーのアイラシングルモルト「キルホーマン サナイグ」についてご紹介しました。

「スモーキーでクセのあるウイスキーにはなかなか手が出せない…」

という人でも、甘く軽い酒質のキルホーマンサナイグは比較的飲みやすいです。

まだ飲んだことのない人でも、飲む価値は大いにあります。

いのかず

これを機にぜひ一度飲んでみましょう!

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で見る
\最大10%ポイント追加!/
PayPayモールで見る
キルホーマンサナイグの評価・レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次へ戻る
目次
閉じる