【レビュー】キルホーマン サナイグ【リッチな甘さとスモーク】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、スコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトウイスキー【キルホーマン サナイグ】を評価・レビューしていきます。

キルホーマンとは

2005年に新しく作られた蒸溜所で、アイラ島に蒸溜所が増えたのはなんと124年ぶりだそう。

大麦の栽培を自社蒸溜所でおこなうファームディスティラリー(農場型蒸溜所)なのも特徴です。

軽めの酒質でピートが強く、しっかりとした味わいがありつつも爽やかなウイスキー。

あわせて読みたい

こんにちは、いのかずです。現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。今回の記事では、スコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトウイスキー【キルホーマン マキヤーベイ】を評価・レビューしていきます。[…]

キルホーマン マキヤーベイのレビュー

ちなみにサナイグとは、キルホーマン蒸溜所の近くにあるゴツゴツした岩だらけの入り江の名前です。

このキルホーマン サナイグはオロロソシェリー樽原酒をメインにバーボン樽原酒もブレンドして作られています。

キルホーマン マキヤーベイとはまさに真逆。

実際の評価

キルホーマン サナイグ

香り: 3.5スモークにドライフルーツのような落ち着いた甘い香り。
味わい: 3.5ダークチョコ系の深い甘みとしっかりとしたピート。若さは感じる。
リッチさ: 3シェリー樽が効いていて、スモーキーなだけでなく深みや奥行きがある。
コスパ: 2.5エイジングがない割に価格は高い。しかし味わいは満足できる。
総合評価: 3.5複雑な味わいで、一杯で色んな味を楽しめる。

  • シェリー樽由来のドライフルーツのような甘み
  • アルコール度数46%としっかりめ
  • フェノール値50ppmとピートは強め
  • 深みのある味わい

熟成年数の若さからくるピートの力強さと、シェリーの甘さと奥行きがマッチしてバランスが取れていました。

ゆっくりと味わいながら飲めるアイラモルトです。

こんな人にオススメ

  • シェリー系のアイラモルトが飲みたい人
  • しっかりピートが効いたウイスキーが好きな人
  • メジャーではないアイラモルトを探している人

オススメの飲み方

  • ストレート:○
  • 若いウイスキー特有のパンチがあるが、シェリーの風味が加わり飲みやすい。

  • トワイスアップ:◎
  • トワイスアップというよりもほんの少しの加水がオススメ。甘さ・ピート・フルーティーさと、色んな香りが広がる。

  • ロック:○
  • 美味しいが、キルホーマンの酒質上、もとからサラサラしているのでロックになると平べったくもなる。

  • 水割り:○
  • 意外と合う。アイラモルトながら落ち着いてリッチなテイスト。

  • ソーダ割り:△
  • シェリー樽の甘みをピートが凌駕して、引き立たなくなる。そこそこ美味しいけど。

だいたいどの飲み方をしても美味しく飲めますが、ストレートに少し加水するくらいが一番美味しく、サナイグの良さが一番わかる飲み方なのかなと思いました。

まとめ

  • シェリー樽をメインに、バーボン樽も使用
  • フェノール値50ppmと、ピートは強め
  • キルホーマン マキヤーベイと比べるとリッチな味わい
  • スモーキーさとフルーティーさ、甘さのバランスがいい
  • どんな飲み方でもある程度楽しめる

【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

キルホーマン サナイグのレビュー
最新情報をチェックしよう!