【レビュー】カリラ 12年【アイラ屈指のバランサー】

今回の記事では【カリラ 12年について、

  • テイスティングレビュー
  • おすすめの飲み方
  • どんな人におすすめのウイスキーか
  • カリラの他ラベル

これらをご紹介していきます。

【カリラ 12年】ってどんなウイスキー?

原産国スコットランド(アイラ)
分類シングルモルト
容量700ml
度数43%
熟成年数12年
熟成樽バーボン樽
価格帯約5,000円

カリラはアイラ島で1番の生産量を誇るウイスキーです。ゲール語でアイラ海峡(CAOL=海峡、ILA=アイラ)という意味があります。

有名なブレンデッドウイスキー、ジョニーウォーカー ブラックラベルのキーモルトとしても有名です。

カリラ蒸溜所のスタンダードボトル【カリラ 12年】は、アイラモルトの中でも中間的な立ち位置ですが、ピート感、ボディ、味わいなど、すべてのバランスがとれたアイラモルトです。

いのかず
個人的にはアイラモルトの中ではトップクラスに好きです。

【カリラ 12年】の評価・レビュー

ウイスキーの評価

※基本的にストレートでの風味を記載しています。

香り 3.5

ほどよいピート、ハーブやレモンのようなフレッシュさ、強めの潮気を感じます。ふくよかな香りです。

味わい 4

ミディアムボディ。オイリーだが軽めの飲み口、青リンゴ系のフルーティーさ、ハチミツの甘味。なめらかで、フィニッシュはスパイスを感じます。

飲みやすさ 3

バランスがいいので、飲み疲れしません。ピートも中等度で、アイラの中ではかなり飲みやすいでしょう。

コストパフォーマンス 3.5

12年のレンジでは少し高めの価格ですが、非常にできがよく、12年熟成の中ではトップクラスです。価格以上の味わいはあります。

総合評価 3.5

アイラ初心者から玄人まで、幅広い人が楽しめるウイスキーでしょう。ラフロイグやアードベッグに比べて認知度がやや低めですが、完成度はかなり高く、飲んだことがない人にはぜひ飲んで欲しい1本です。

いのかず
すべての項目を総合すると☆3.5という評価ですが、個人的な好みとしては☆4はあります。

【カリラ 12年】の飲み方別の評価

おすすめの飲み方

カリラはバランスがいいだけあって、どの飲みかたにも対応できる優秀さがあります。

ストレート:

ストレートでもたくさんのキャラクターを拾えます。飲み疲れしないのも高評価。

トワイスアップ:△

おいしいけど、加水するとかなりサラっとしてきます。軽くなりすぎてしまうのが難点です。

ロック:◎

スモーキーさが引き立ち、爽やかさも出てくる。加水されていくと甘みもよく感じます。

水割り:○

軽く柔らかい質感なので、食前・食中にも馴染みます。

ソーダ割り:◎

軽やかで爽やかです。スッキリとしたピート感を味わえます。

【カリラ 12年】はこんな人におすすめ

こんな人におすすめのウイスキー

  • バランスのいいアイラモルトを探している人
  • 爽やかなアイラモルトが飲みたい人
  • アイラモルト初心者

「アードベッグやラフロイグだとピートが強すぎる」「ラガヴーリンだと重すぎる」と思う人にはかなりオススメです。

いのかず
個人的にはもっと評価されていいアイラモルトだと思っています。

カリラの他のラベルを紹介

カリラはエイジング違いのものや、造りかたの違うシリーズがあります。

※今も手に入るボトルのみのご紹介です。

  1. カリラ モッホ
  2. カリラ ディスティラーズ エディション
  3. カリラ 18年
  4. カリラ 25年
いのかず
カスクストレングスや17年はほぼ手に入らないので、省きました。

カリラ モッホ

【モッホ】はゲール語で「夜明け」という意味です。NAS(ノンエイジ)ですが、およそ8年熟成と言われています。

12年と比べ、全体的に軽めで穏やかな印象になり、飲みやすいです。

レモンやリンゴのフレッシュさ、ピートは抑えめで、塩辛いベーコンのような感じもあります。

いのかず
フレンズ オブ クラシック モルツ」の限定版として発売されたので、だんだんと在庫が少なくなってきました。

カリラ ディスティラーズ エディション

【ディスティラーズ エディション】はスモールバッチリリースなので、リリースごとに若干味が変わるウイスキーです。バーボン樽で熟成させた後、モスカテルシェリー樽で後熟されています。熟成年数は記載がないためNASですが、だいたい12年前後の熟成です。

甘く、ブドウやアプリコットのフルーティーさ、品のよいスモーク、ドライなフィニッシュはそのままに、アフターは長く続きます。

いのかず
通常の12年と比べると、リッチなテイストです。

カリラ 18年

【カリラ 18年】は年に1回しかリリースされない貴重なウイスキーで、リリースごとに若干味が異なります。

パインやグレープフルーツのようなフルーティーさを感じ、調和の取れたピート、香り高く、アフターフレーバーも長く、リッチなテイストです。

いのかず
少々値が張りますが、かなり出来がいいので、飲んだことのない人はぜひ1度飲んでみましょう。プレゼントにも喜ばれます。

カリラ 25年

 【カリラ 25年】は2010年に限定でリリースされましたが、2021年現在、まだ在庫があります。

25年熟成ともなると、かなり完成されたウイスキーとなり、スモーキーでありつつも優しい飲み口です。

しっかりと潮気を感じ、薬品香もします。黒糖やトフィーの甘さとフルーティーさ、オイリーで長いフィニッシュ。

いのかず
最強のオールラウンダーです。めちゃくちゃおいしい。

まとめ:【カリラ 12年】はアイラで1番のバランサー!

【カリラ 12年】はラフロイグやアードベッグの影に隠れがちですが、バーテンダーにも多くのファンがいるなど、ウイスキーとしての完成度は高いボトルです。

カリラ 12年の特徴のまとめ

  • 味、スモーキーさ、ボディ、香り、すべてのバランスがいい
  • オイリーだが飲み口は軽め
  • 柑橘系の爽やかさがある

▼ウイスキーの香り・味わいを引き立てるグラス【高コスパ・高品質】▼

カリラ12年
最新情報をチェックしよう!