一度は飲んでほしい|おすすめのバーボンウイスキーをバーテンダーが厳選

当ページのリンクには広告が含まれています。
おすすめのバーボンウイスキーを紹介
いのかず

バーテンダー/ブロガーのいのかず(@InoKazuBlog)です。いつもご覧くださって、ありがとうございます!

アメリカンウイスキーの1種であり、他の国のウイスキーと比べて独特な味わいのあるバーボンウイスキー。

今回の記事では、バーテンダーが厳選した一度は飲みたいおすすめのバーボンウイスキーをご紹介していきます。

ぜひ自分好みの銘柄を見つけてみましょう。

目次

そもそもバーボンってどんな味わい?

バーボンの味わいについて

バーボンウイスキーは、原料の51%以上がトウモロコシで、内側を焦がした新樽を使って熟成して造られます。

原料と樽に由来した、穀物由来の甘さとしっかりとしたオーク香が特徴です。

全体を通して、バニラのような甘さ、バナナのようなフルーティーさ、シナモンのようなスパイシーさが感じられます。

銘柄によって甘さが強かったり、フルーティーさにメロンが加わったり、ミントのような爽やかさが感じられたり、スパイシーさが強くなったりするでしょう。

いのかず

飲んだら一発でバーボンだと感じられるくらい、他の国のウイスキーと味わいが異なります。

初心者が必ず一度は飲みたいバーボン

初心者が一度は飲んでおきたいおすすめのバーボン

バーボンウイスキーをこれから飲んでいくなら、一度は必ず飲んでおきたい有名な銘柄があります。

ご紹介する銘柄はすべて安価で手に入れやすいですし、ソーダ割りで気軽に飲むのもおすすめです。

若干雑味があるものの、わかりやすくバーボンらしい味わいが楽しめます。

いのかず

一応価格順でご紹介していきますので、予算で買い分けてみましょう。

ジムビーム

ジムビーム
内容量700ml
度数40%

居酒屋・コンビニ・スーパーなど、あらゆる場所でおなじみの「ジムビーム」は、バーボンの世界販売本数No.1になったこともあるウイスキーです。

軽めの口当たりで、バニラと穀物のような甘さ、ナッツのような芳ばしさ、ハーブのような爽やかさ、柔らかいオーク香が楽しめます。

良くも悪くも普通の味わいですが、シンプルなのが逆に良さでもあり、価格の割に質は高めです。

いのかず

改めてちゃんとソーダ割り・ロック等で飲んでみると、意外においしく感じます。

オールドクロウ

オールド クロウ
内容量700ml
度数40%

オールドクロウ」は、良い意味で粗さを持ったワイルドなウイスキーです。

キャラメルのような甘み、ナッツの芳ばしさ、ミントの爽やかさ、スパイシーな余韻が感じられます。

シンプルなバーボンの味わいが感じられますが、アルコール感があるため好みは分かれるかもしれません。

いのかず

個人的にはけっこう好きです!ソーダ割りかロックで飲みましょう。

I.W.ハーパー ゴールドメダル

I.W.ハーパー
内容量700ml
度数40%

I.W.ハーパー ゴールドメダル」は、一般的なバーボンと比べ、原料のトウモロコシ比率が高いウイスキーです。

バニラやバナナを感じつつもサラッとした甘さ、シトラスやバナナのフルーティーさ、ビタ-なオーク香が楽しめます。

口当たりは比較的優しくクセもないため、初心者でも飲みやすいでしょう。

いのかず

ソーダ割りによく合います!

エヴァン・ウィリアムス ブラックラベル

エヴァン ウィリアムス
内容量750ml
度数43%

エヴァン・ウィリアムス ブラックラベル」は、バーボン世界販売量No.2(No.1は「ジムビーム」)になったこともある有名なウイスキーです。

バニラやキャラメルのような甘さ、オレンジやミントのような爽やかさ、メロンのようなフルーティーさ、スパイシーな余韻が楽しめます。

サラッとしつつも味わいはしっかりと感じられ、容量が多くコスパが高い点も高評価です。

いのかず

こちらも飲みやすいので初心者におすすめ!

フォアローゼズ

フォアローゼズ
内容量700ml
度数40%

フォアローゼズ」は、10種類もの原酒をブレンドして造られるウイスキーです。

バニラのような甘み、シトラスやハーブのような爽やかさ、フローラルな風味、豊かなオーク香とスパイシーさが楽しめます。

重さがなく華やかさがあるため、安くても風味の良いウイスキーを探している人におすすめです。

いのかず

どことなーく、薔薇っぽい風味があります。

フォアローゼズ
¥1,999 (2024/06/14 20:31時点 | Amazon調べ)

メーカーズマーク

メーカーズマーク
内容量700ml
度数45%

メーカーズマーク」は、原料に優しい甘さが特徴の冬小麦を使ったウイスキーです。

オイリーな口当たり、ハチミツのような甘さ、ナッツの芳ばしさ、オレンジのような爽やかさが楽しめます。

そこまで粗さがなく、まろやかで飲みやすいでしょう。

いのかず

どの飲み方でもおいしく飲めますよ!実は赤い蝋封は職人が手作業でしています。

メーカーズマーク
¥2,825 (2024/06/20 05:24時点 | Amazon調べ)

ワイルドターキー 8年

ワイルドターキー 8年
内容量700ml
度数50.5%

ワイルドターキー 8年」は、アルコール度数が50.5%と高めで、パンチの強いウイスキーです。

バニラのような甘さ、オレンジやハーブのような爽やかさ、しっかりめのオーク香、スパイシーさが楽しめます。

アルコールの刺激もそこそこあるため、ロックやソーダ割りなど、加水がある飲み方がおすすめです。

いのかず

お酒に弱い人は注意!飲むときはよく水分を取りましょう!

ワイルドターキー
¥3,197 (2024/06/16 20:32時点 | Amazon調べ)

飲み慣れてきたら一度は飲みたいバーボン

飲み慣れた人におすすめのバーボン

これからご紹介する、飲み慣れてから一度は飲んでみたいバーボンは、どれも本当においしい銘柄ばかりです。

それぞれ個性がしっかりと感じられ、ストレートやロックでゆっくりと楽しめます。

バッファロー・トレース

バッファロートレース
内容量750ml
度数45%

バッファロー・トレース」は、原料や製法などあらゆる面でこだわりを持ち、造り手の意図や思想がしっかりと反映された、少量生産のクラフトバーボンです。

ボトルデザインの厳つさとは裏腹に、非常にまとまりのある飲みやすい味わいでバニラのような甘さ、ミントのような爽やかさ、優しいオーク香とスパイシーさが楽しめます。

少し度数が高いもののバランスが良く、上品な風味のため、初心者が飲んでもおいしく感じられるでしょう。

いのかず

どの飲み方でもおいしく飲めます!僕もけっこう好きな銘柄です。

オールドグランダッド 114

オールド グランダッド 114
内容量700ml
度数57%

オールドグランダッド 114」は、度数が57%でしっかりとした飲みごたえのウイスキーです。

ライ麦比率が高いためスパイシーな風味があり、バニラの甘み、オレンジのような爽やかさも感じられます。

度数は高いですがアルコール刺激はそこまで強くなく、ドライでクセのない味わいです。

いのかず

けっこうファンの多い銘柄でもあります。一時は終売の話が出ましたが、現在は普通に手に入ります。

ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブ
内容量750ml
度数43.2%

ウッドフォードリザーブ」もクラフトバーボンの1種です。

厚みがあってバランスの取れた味わいが特徴で、バニラ・キャラメル・ダークチョコのような甘さ、バナナやオレンジのようなフルーティーさ、しっかりとしたオーク香が楽しめます。

上品な風味で、ストレートやロックでゆっくり楽しむのがおすすめです。

いのかず

ケンタッキーダービーの公式飲料でもあります!カクテルベースとしても優秀!

WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)
¥4,132 (2024/06/19 21:18時点 | Amazon調べ)

エライジャ・クレイグ スモールバッチ

エライジャ・クレイグ
内容量750ml
度数47%

エライジャ・クレイグ スモールバッチ」は、最初のバーボン製造者といわれ「バーボンの父」とも呼ばれているエライジャ・クレイグ牧師にちなんで名付けられた、少量生産(スモールバッチ)のウイスキーです。

バニラのような甘さ、ナッツのような芳ばしさ、あたたかみのあるスパイシーさが楽しめます。

優しい口当たりとバランスの良さがあり、初心者でも飲みやすいでしょう。

いのかず

際立った個性はありませんが、その分誰にでもウケが良いはずです。

メーカーズマーク 46

メーカーズマーク 46
内容量700ml
度数47%

メーカーズマーク 46」は、樽の中に焦がしたオーク板(インナーステイブ)を沈めて後熟させたウイスキーです。

クリーミーな口当たりで、キャラメルやバニラのような甘さ、あたたかみのあるスパイシーさ、豊かなオーク香が楽しめます。

通常の「メーカーズマーク」よりも甘さと深みが増していて、単純に上位互換のような感じです。

いのかず

ちなみに、46とはインナーステイブの焦がし具合を指定した番号のことです。度数は47%!ややこしい!

メーカーズマーク
¥5,731 (2024/06/13 12:03時点 | Amazon調べ)

フォアローゼズ シングルバレル

フォアローゼズ シングルバレル
内容量700ml
度数50%

フォアローゼズ シングルバレル」は、1つの樽原酒(シングルバレル)のみから瓶詰めされた、個性豊かなウイスキーです。

バニラのような甘さ、リンゴやオレンジのようなフルーティーさ、深みのあるオーク香とスパイシーな余韻が楽しめます。

度数は少し高めで飲みごたえがあり、通常の「フォアローゼズ」よりも個性がしっかりと感じられるでしょう。

いのかず

樽が変わると味も少しだけ変化するのが特徴!高価格帯の「フォアローゼズ プラチナ」より、個人的にはかなり高評価。

イーグル・レア 10年

イーグル・レア 10年
内容量700ml
度数45%

イーグル・レア 10年」もクラフトバーボンの1種です。

なめらかな口当たりで、ハチミツのような甘さ、シトラスのような爽やかさ、ナッツのような芳ばしさ、レザーのような深みのある香りが楽しめます。

上分な風味で、初心者から飲み慣れた人まで、幅広い人に飲んでもらいたいウイスキーです。

いのかず

熟成感もあり、質の高さが感じられるでしょう!

ブラントン

ブラントン
内容量750ml
度数46.5%

ブラントン」は、先ほどご紹介した「フォアローゼズ シングルバレル」と同様、1つの樽原酒のみを瓶詰めした「シングルバレル」タイプのウイスキーです。

とてもリッチな風味で、バニラやキャラメルのような甘さ、ドライフルーツのようなフルーティーさ、キレのあるスパイシーさ、強めのオーク香が感じられます。

実はボトルキャップは8種類存在し、全種類集めると馬が走っている姿が見られるため、コレクションするのもよいでしょう。

いのかず

価格改定を受け、どんどん値上がりしています…。少し前までは7,000円くらいで買えたのですが…。

ブッカーズ

ブッカーズ
内容量750ml
度数62%前後
(リリースごとに変化)

ブッカーズ」は製造年によって味わいや度数が異なり、加水や濾過をおこなわずに瓶詰めされる「バレルストレングス」タイプのクラフトバーボンです。

バニラのような甘さ、ナッツのような芳ばしさ、ドライフルーツのようなフルーティーさ、力強いオーク香とスパイシーさが感じられます。

しっかりとした飲みごたえと奥深い味わいは、バーボン好きをも唸らせるでしょう。

いのかず

根強い人気のある銘柄で、プレゼント用としても最適です。

バーボンウイスキーの選び方

バーボンウイスキーの選び方

バーボンウイスキーはスコッチと比べて味わいの幅が狭いため、銘柄ごとの細かな違いが分かりづらく、選ぶときに難しさを覚える人も多いことでしょう。

そんなときは、以下の選び方を参考にしてみてください。

もちろん実際に飲んでみないことには味の全容はわからないため、あくまで参考程度にしてみてください。

原材料の比率で選ぶ

アメリカンウイスキーは、原料の違いによって以下のような分類に分かれます。

アメリカンウイスキーの原料による分類
  • バーボンウイスキー:トウモロコシが51%以上
  • ライウイスキー:ライ麦が51%以上
  • ウィートウイスキー:小麦が51%以上
  • コーンウイスキー:トウモロコシが80%以上
  • モルトウイスキー:大麦麦芽が51%以上

バーボンはトウモロコシが51%以上で、副原料として使われているのが主にライ麦・小麦です。

その中でトウモロコシ比率が高ければ甘さが増しますし、ライ麦比率が高ければスパイシーな味わいに、小麦比率が高ければ甘く優しい口当たりになります。

各ウイスキーのHPはもちろんのこと、このサイト内のレビュー記事にも大まかな比率が書いてありますので、そちらも参考にしてみてください。

いのかず

ちなみに僕は、ライ麦比率が高いほうがキレがあって好みです。

クラフトバーボンかどうかで選ぶ

買う銘柄がクラフトバーボンなのか、大量生産される一般的なバーボンなのかは、選ぶときの1つの基準になります。

いのかず

今回ご紹介した銘柄の中にも、クラフトバーボンがいくつかありましたね。

クラフトバーボンは、原料や製法にこだわり、造り手の意図や思想が反映された少量生産(スモールバッチ)のバーボンのことを指します。

少々価格帯は高くなりますが、一般的なバーボンよりも個性がハッキリしている傾向があるため、味わい深さやおもしろさを求めるならクラフトバーボンがおすすめです。

シングルバレルかどうかで選ぶ

一般的なバーボンよりも個性的な味を好む人は、シングルバレルのバーボンを選びましょう。

シングルバレルは1つの樽原酒のみを瓶詰めしたウイスキーのことで、使われた樽の番号によって味わいが変わるのが特徴です。

他の樽原酒をブレンドしないため、その樽の個性がしっかりと感じられます。

いのかず

シングルバレルのウイスキーは、必ずボトルナンバーが記されているため、他のボトルナンバーのものと飲み比べをしてみてもおもしろいでしょう。

度数で選ぶ

アルコール度数は、香りや味わいの強さに直結しているため、飲みごたえを求めるなら高い度数のものを、飲みやすさを求めるなら度数の低いものを選びましょう。

ただ1つ注意点として知ってほしいことは、低価格帯のウイスキーは低度数でもアルコール刺激がある場合が多く、ストレートやロックで飲む人は飲みづらさを感じてしまう場合も。

ちなみに、加水を一切していない「バレルストレングス」タイプのバーボンや、熟成4年以上かつ度数50%以上で瓶詰めをする「ボトルド・イン・ボンド法」に則ったバーボンは高い度数で、ウイスキーラバーに根強い人気があります。

いのかず

「ボトルド・イン・ボンド」タイプのウイスキーは、規定で度数が50%以上となっていますが、基本的にはどの銘柄もピッタリ50%です。

蒸溜所・メーカーで選ぶ

蒸溜所による違いはスコッチと比べて少し分かりづらいものの、バーボンも蒸溜所ごとの個性があります。

メーカーが複数の蒸溜所を有している場合は、そのメーカー内で大まかな個性を統一している場合も。

おいしい銘柄が見つかったら、同じ蒸溜所もしくは同じメーカーの銘柄を選んで飲むことで、好みに近い味わいが見つけられるでしょう。

いのかず

僕は「バッファロー・トレース蒸溜所」のウイスキーはだいたい好きです。(今回で言えば、「ブラントン」「イーグル・レア 10年」「バッファロー・トレース」が該当)

おすすめのバーボンウイスキーについてのまとめ

今回ご紹介したウイスキーの中で、特におすすめの銘柄をご紹介します。

特におすすめのウイスキー

バーボンは他の生産国のウイスキーと味わいが大きく異なり、独特の甘さやオーク香が楽しめます。

最初は銘柄ごとの味わいの違いがわかりづらいでしょうが、飲み慣れてくると好みもハッキリとしてくるでしょう。

今回の記事で紹介した銘柄はすべて、味わいを知る経験値として、一度は飲んでおきたい銘柄ばかりです。

飲んだことのない銘柄があったら、ぜひこれを機に飲んでみてはいかがでしょうか。

いのかず

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでのシェアやブログのブックマーク、下記リンクからのご支援をお願い致します!

\このブログが役にたったと思ったら/

おすすめのバーボンウイスキーを紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑

Please Share!!

Comment

コメントする

CAPTCHA

目次