【レビュー】ダルモア シガーモルト リザーブ【アダルトな味わい】

こんにちは、いのかずです。
現在、一流のマスターのもとでチーフバーテンダーを務めています。

今回の記事では、スコットランドのハイランドダルモア蒸溜所で作られているシングルモルトウイスキー【ダルモア シガーモルト リザーブ】を評価・レビューしていきます。

ダルモアとは

ボトルラベルに鹿が描かれているのですが、これは昔スコットランド国王が鹿狩りのときに鹿に襲われ、そのときに国王の命を助けたのがダルモア蒸溜所のオーナーの祖先だったそうで、そこから家紋に牡鹿の紋章を使うことを許されたのが由来です。

ダルモアほぼすべてのレンジにおいてシェリー樽原酒を使うのが特徴。

マツサレムシェリー樽という甘口のオロロソシェリーの樽をつかっていて、ウイスキーではダルモアにしか供給されていない樽みたいです。
この樽はシェリー酒で有名なゴンザレス・ビアス社が提供しています。(ティオペペなどを作っている会社)

【ホワイト&マッカイ】のキーモルト(ブレンドの中核をなすウイスキー)としても有名。

ダルモア シガーモルト リザーブの特徴

  • 名前の通り葉巻と相性よく作られている
  • バーボン樽、マツサレムオロロソシェリー樽、カベルネソーヴィニヨンバリック(赤ワイン樽)で熟成
  • シガーに負けない深い甘みとコク、落ち着いたフルーティーさ
  • アルコール度数44%

実際の評価

ダルモア シガーモルト リザーブ

香り: 4フルーティーで、ワインとベリーの甘さ。ダークチョコ。
味わい: 4.5アダルトな質感。かなり落ち着いた深い味わい。甘さとシナモンのようなスパイスも感じる。ベリーとオレンジのフルーティーさ。
余韻: 4アフターフレーバーがしっかりと残る。ひと口で長く楽しめる。
コスパ: 4.5¥10,000前後でこの味わいなら絶対に買い。
総合評価: 4.5文句なしの高評価。もう少し熟成させたら☆5

  • シェリー樽と赤ワイン樽の味わいがしっかり出ていてフルーティー
  • デーツやダークチョコのような深くて落ち着いた甘み
  • 暖かいスパイスのようなニュアンスもあり、甘さとのバランスが取れている
  • くどい甘さではなく、抜け感はいい。

僕が大好きなボトルのうちの1つ。

リッチで、飲むと心が落ち着くような味わいです。

もちろん葉巻と合わせなくても単体でおいしいですよ。

葉巻はもちろん、紙タバコも合います。

こんな人にオススメ

  • リッチなウイスキーが飲みたい人
  • ベリー系の甘さが好きな人
  • ウイスキーを飲みながら落ち着きたい人
  • タバコやシガーを吸う人

かなり幅広い人にオススメできます。

誰が飲んでもだいたい美味しいです。

オススメの飲み方

  • ストレート:◎
  • 口いっぱいに甘さと香りが広がり、余韻も長く楽しめる。

  • トワイスアップ:◎
  • 美味しいが、同量の水よりも少量の加水がおすすめ。

  • ロック:△
  • おいしいがせっかくの香りが締まってしまうのであまりオススメできない。

  • 水割り:✕
  • 合わなくないが、このウイスキーのポテンシャルと奥行きを損なうので✕

  • ソーダ割り:✕
  • 味がバラつく。合わない。

ゆっくりと香りと味を楽しめるので、リッチテイストなウイスキーは基本的にはストレートか少量の加水が合います。

まとめ

  • バーボン樽、マツサレムオロロソシェリー樽、カベルネソーヴィニヨンバリック(赤ワイン樽)で熟成
  • シガーとのマリアージュを考えて作られたウイスキー
  • 度数はほんの少し高めの44%
  • リッチで上品な甘さ
  • 価格以上の味わい

【バーテンダーも愛用】低価格なのに上質なテイスティンググラスはこちら

これからも有益な情報を発信していきますので、ブックマークや記事のシェアをしていただけたら僕も励みになります。

Twitterではカクテルのメイキング動画等、ブログでは見られない情報も発信するのでフォローもぜひお願いします。

ダルモア シガーモルトのレビュー
最新情報をチェックしよう!