ウイスキーが登場するおすすめ洋画13選!シーンと銘柄・視聴可能なサービスも紹介!

映画であの俳優が飲んでいたウイスキーが気になる…

映画を観ていると、たびたびウイスキーを飲むシーンが出てきます。

そんなとき、つい自分もウイスキーを飲みたくなってしまいませんか?

ウイスキーが好きな人は「あのウイスキーはなんだ!?」と、すぐに気になってしまうことでしょう。

いのかず
僕もすぐ気になってしまい、登場するウイスキーを買うなんてざらにあります。

映画のワンシーンとして、役の人柄を表す小道具として、ウイスキーは映画と切っても切り離せない存在です。

そこで今回は、

  • ウイスキーが登場する映画
  • ウイスキーが登場するシーン
  • その映画に登場するウイスキー

について紹介していきます。

この記事を読んだら、きっとウイスキーを片手に映画を観たくなるでしょう!

ウイスキーが登場するおすすめ洋画13選

今回ご紹介する映画がすべてではありませんが、ウイスキーが登場するシーンが印象的な13の映画をご紹介します。

まだ観たことのない人はぜひ観てください!

007 スカイフォール

ABOUT

トルコでの任務が原因で、諜報員からの引退を勧告されたボンド。そんな中、MI6の本部が何者かによって爆破されてしまう。上司Mに現場復帰を許可されて事態究明にあたるボンドは、事件に関与する男シルヴァに接近するが、彼とMの意外な関わりを知る。

引用:U-NEXT

お酒好きなら見逃せない映画の1つに『007』があります。

特にカクテルは007シリーズの1作目である『ドクター・ノオ』で登場する「Vodka Martini, Shaken, not stirred.」というセリフで有名な「ボンド・マティーニ」や『カジノ・ロワイヤル』で登場する特殊な配合のマティーニ「ヴェスパー・マティーニ」が有名です。

今回ご紹介する『007 スカイフォール』は007シリーズの23作目で、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる作品としては3作目になります。

劇中ではウイスキーを飲むわけではなく、ウイスキーが注がれたショットグラスを人の頭に乗せ、射撃の的にするというシーン。

ザ・マッカラン 1962

マッカラン1962
引用:The Macallan 1962 Fine & Rare Whisky

スコッチのスペイサイドモルト【ザ・マッカラン 1962】は、現在ではもう手に入らないウイスキーで、オークションなどでも100万は軽く超えてきます。

実は『007 スカイフォール』は007シリーズ生誕50周年作品であり、【ザ・マッカラン 1962】も50年熟成です。

007を観ながらマッカランを飲みたい人は、現在でも気軽に手に入るザ・マッカラン 12年を飲みましょう。

いのかず
シェリー樽熟成が特徴のマッカランは甘く上品な味わいで、ウイスキーのロールス・ロイスと呼ばれます!

『007 スカイフォール』が視聴可能な動画配信サービス

ブレードランナー2049

ABOUT

2049年、LA市警の捜査官・ブレードランナー「K」は捜査中に、人造人間 ・レプリカントの開発に力を注ぐウォレス社の巨大な陰謀を知る。その闇を暴く鍵となるのは、かつて優秀なブレードランナーで30年前に行方不明となったデッカードだった。

引用:U-NEXT

『ブレードランナー2049』は前作である『ブレードランナー』の30年後を描いています。

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の監督:押井守に「ブレードランナーがなかったら攻殻機動隊が生まれなかった」と言わせるほど『ブレードランナー』は素晴らしいSF作品です。

2作目の『2049』もその系譜をしっかりと受け継いでいて、CG技術をフルに使って近未来の映像が作られています。

荒廃したホテルバーのカウンターにて、主人公のKが、前作の主人公デッカードとウイスキーを飲み交わすシーン。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

Kとデッカードが殴り合ったあとに打ち解ける際、デッカードが用意したグラスに注がれたのが、スコッチのブレンデッドウイスキージョニーウォーカー ブラックラベル 12年(以下、ジョニ黒)です。

飼っている人工犬にも舐めさせていました。

ちなみに、前作でもデッカードはジョニ黒を愛飲しています。

いのかず
ジョニ黒はスモーキーな香りが特徴で、ハイボールによく合うウイスキーです。ジョニーウォーカーはスコッチの中で売上世界No.1!

ジョニーウォーカー ブラックラベル ディレクターズカット

ジョニーウォーカーブラックラベル 12年 ディレクターズカット
引用:ジョニーウォーカー海外公式サイト

【ジョニーウォーカー ブラックラベル ディレクターズカット】は、『ブレードランナー 2049』の公開記念で作られたボトルです。

映画内で登場するボトルと同じく、デザインに近未来感があります。

限定販売だったので、現在では手に入りません。

いのかず
ブレンドの内容が通常のジョニ黒と若干変わっていて、トロピカルなフレーバーが強くなっています。アルコール度数は、映画名にもなっている「2049」にちなんで49度です。

『ブレードランナー 2049』が視聴可能な動画配信サービス

ロスト・イン・トランスレーション

ABOUT

ウイスキーのコマーシャル撮影のために来日したハリウッドスターのボブと、フォトグラファーの夫の仕事に伴って来日した若妻のシャーロット。同じホテルで偶然出会い打ち解けたふたりは、見知らぬ土地で時間を共有するうちに、いつしか引かれ合っていく。

引用:U-NEXT

『ロスト・イン・トランスレーション』は日本が舞台で「サントリーのウイスキーCMに出演する」という、ウイスキー好きなら見逃せないストーリーです。

藤原ヒロシやダイヤモンド✡ユカイ、藤井隆など、音楽にゆかりのある人がカメオ出演したことでも話題になりました。

ウイスキーを飲むときに使われているグラスはバカラの【マッセナで、とてもきれいなグラスです。

いのかず
「マッセナ」は僕も愛用しているグラス!
ハリウッドスターのボブが「ウイスキーのCM撮影」をするシーン。

響17年

ジャパニーズのブレンデッドウイスキー響17年は、原酒不足に陥り、惜しまれつつも終売になったウイスキーで、現在は価格が高騰しています。

ハリウッドスターのボブは、CM撮影のシーンで「サントリーの中で1番高いんだから!」と言われ、何度もカットをさせられています。

【響 17年】はジャパニーズウイスキーでも最高峰のブレンデッドウイスキーで、映画に登場するに相応しいウイスキーと言えるでしょう。

終売になったのが本当に悔やまれます。

いのかず
【響17年】は優しくなめらかで、ミズナラ樽由来の香り高いウイスキーです。現在は普通の価格では買えないので、後継品として発売した響 BLENDER’S CHOICEを飲みましょう!こちらは熟成にワイン樽が使われていて、フルーティーでバランスのよいウイスキーです。

『ロスト・イン・トランスレーション』が視聴可能な動画配信サービス

デイ・アフター・トゥモロー

ABOUT

温暖化によって、地球に再び氷河期がやってくると確信する気象学者のジャック。米副大統領に対策を講じるよう迫るが聞き入れてもらえず、それから間もなく世界各地で異常気象が発生する。やがて、アメリカは雪と氷に覆われ、大パニックに陥ってしまうが。

引用:U-NEXT

『デイ・アフター・トゥモロー』は2020年に制作された『デイ・アフター・トゥモロー 2021』にもウイスキーは登場しますが、今回ご紹介するのは2004年公開のものです。

いのかず
映画的には2004年公開のほうが面白かったり…
スコットランドにある研究所で「発電機の燃料の代わりにならないか」とウイスキーを燃料にする提案をするシーン。

バルヴェニー12年

スコッチのスペイサイドモルトバルヴェニー12年は、若い研究員が「燃料に使えないか?」と訪ねたところ、教授に「12年もののスコッチだぞ!」と言われ、みんなで乾杯したウイスキーです。

スコッチの12年熟成は安価なラインですが、天変地異によって何もかもが機能しなくなった映画の世界の中では、貴重な1本だったに違いありません。

いのかず
バルヴェニー12年は2つの樽を使って熟成させたウイスキーで、なめらかさと芳醇な樽香、バランスの取れた味わいが特徴です!

『デイ・アフター・トゥモロー』が視聴可能な動画配信サービス

シャイニング

ABOUT

コロラドの山中にある、オーバールック・ホテル。閉鎖される冬季の管理人を務めることになった小説家志望のジャックが、妻子を連れて同ホテルを訪れる。やがて、息子のダニーが幻覚を見るようになり、ジャックの周囲でも奇怪な現象が次々と起きるように。

引用:U-NEXT

『シャイニング』はスティーブン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画化した作品で、ホラー映画の金字塔でもあります。

後世の映画のオマージュ元になるなど、かなり影響力のある映画です。

いのかず
ジャック・ニコルソンの演技は本当にクレイジーで怖い…
リゾートホテル内のバーにて、幽霊のバーテンダーにウイスキーを注いでもらうシーン。

ジャックダニエル

ジャック・ニコルソンが演じる主人公:ジャック・トランスジャックダニエルを飲むという、めちゃくちゃダジャレです。

いのかず
【ジャックダニエル】アメリカのテネシー州で造られる「テネシーウイスキー」で、サトウカエデの炭で濾過する「チャコールメローイング」という工程を経て造られます。バニラやキャラメル系の甘さが強く、なめらかな飲み口です。

『シャイニング』が視聴可能な動画配信サービス

スター・トレック BEYOND

ABOUT

未知の星に不時着した宇宙船の救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後に、カークはある決断を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体による急襲を受けたエンタープライズ号は撃破され、仲間は散り散りになってしまう。

引用:U-NEXT

SF映画『スター・トレック BEYOND』はスター・トレックシリーズすべてを通すと13作目、2009年に再始動した新シリーズとしては3作目になります。

がっつりCG・がっつり冒険、コメディもあり、仲間との絆が描かれる超王道のスペース・オペラ作品です。

宇宙船内で、カーク船長の誕生日の前祝いをするシーン。

グレンフィディック 30年

スコッチのスペイサイドモルトグレンフィディック 30年ですが、現在生産されておらず、残りは現存するボトルのみです。

グレンフィディックと言えば三角形のボトルデザインですが、映画に登場するボトルは四角形でした。

パッと見ただけではグレンフィディックだと気づきませんが、ボトルネックにグレンフィディックのシンボルである鹿が描かれているのがわかります。

いのかず
代わりに、現在でも買える グレンフィディック 18年がおすすめです。甘くてフルーティー、深い味わいを楽しめます。

『スタートレック BEYOND』が視聴可能な動画配信サービス

コンスタンティン

ABOUT

特殊能力で異界の者を見分け、その撃退を続けてきた孤独な探偵ジョン・コンスタンティン。ある時、天国と地獄のバランスが崩れようとしているのを察知した彼は、女性刑事アンジェラの双子の妹の自殺もそれに関係していると見て、彼女と行動をともにするが…。

引用:U-NEXT

『コンスタンティン』はDCコミックの『ヘルブレイザー』を映画化した作品で、クールなアクション映画になっています。

キアヌ・リーブス演じるジョン・コンスタンティンは、いつもタバコを吸っているチェーンスモーカーで、口が悪いアンチヒーローです。

女刑事アンジェラが自身の妹の死について、ジョンに相談を持ちかけるシーン。

アードベッグ 10年

作中に登場するスコッチのアイラモルトアードベッグ 10年ですが、かなり色が濃いように感じます。

本来なら透明度の高いサラッとしたウイスキーですが、とても重そうなウイスキーに見えました。

ジョンは肺ガンであるにも関わらず、タバコを吸いながらスモーキーでクセの強いウイスキーを飲むシーンはなかなか渋いです。

いのかず
【アードベッグ 10年】は熱狂的なファンが多いウイスキーで、力強いスモーキーさと柑橘系の爽やかさが特徴です。

『コンスタンティン』が視聴可能な動画配信サービス

ゴーン・ガール

ABOUT

5年目の結婚記念日に、ニックの妻・エイミーが失踪する。警察は失踪と他殺の両面から捜査を開始し、マスコミはこの謎めいた事件に注目した。調べが進むにつれ、ニックの不可解な言動が明るみに出て、彼は全米から批判と疑惑の目にさらされることになる。

引用:U-NEXT

『ゴーン・ガール』は同名の小説が原作の映画で『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督が手掛けるサイコスリラー作品です。

ニックのクズ男感、エイミーのサイコ感がすごくて、かなり好き嫌いが分かれる映画でしょう。

物語の最序盤、妻の失踪を知らないニックが、バーでウイスキーを飲むシーン。

ブラントン

ニックは朝の10時半にバーへ行きバーボンウイスキーのブラントンを飲みます。

健全な人は度数の高いウイスキーを朝イチから飲むのはやめておきましょう。

いのかず
【ブラントン】は1つの樽のみで作られる「シングルバレルウイスキー」で、力強い味わいとウッディな香り、ハチミツのような甘さが特徴です。

『ゴーン・ガール』が視聴可能な動画配信サービス

スカーフェイス

ABOUT

政治犯と共にアメリカへ追放された前科者のトニーは、殺しの仕事を受けたのを機にギャングを率いるフランクの手下に。裏社会で頭角を現すようになった彼はフランクを殺し、南米からの麻薬ルートを開拓。富と力を手にするが、次第に破滅の道を辿るように…。

引用:U-NEXT

『スカーフェイス』はアル・パチーノ演じるトニーが、終始「F*ck‼」と叫びまくり、マシンガンを乱射しまくる映画です。

「The World is Yours」のフレーズでも有名ですね。

いのかず
アル・パチーノの鬼気迫る演技は見ていて飽きません。
大富豪となったトニーが、大邸宅の浴場でテレビを見ているシーン。

J&B

 デカデカとした浴場で、スコッチのブレンデッドウイスキー【J&B レア】があるのを確認できます。

他にもジャックダニエル(テネシーウイスキー)、カナディアンクラブ(カナディアンウイスキー)、ストリチナヤ(ウォッカ)が置いてあり、ジャックダニエルに関しては麻薬王のフランクの事務所のシーンでも登場しました。

いろんなお酒が登場しますが、やはり黄色のラベルとグリーンのボトルという派手なデザインの【J&B レア】がひときわ目立ちます。

いのかず
【J&B レア】はフレッシュな洋梨のフルーティーさ、軽く爽やかな飲み心地のウイスキーです。

『スカーフェイス』が視聴可能な動画配信サービス

スパイ・ゲーム

ABOUT

中国の刑務所に投獄中の人物を救出にやってきたCIAエージェントのビショップ。一方、ワシントンDCではCIAの作戦担当官・ミュアーが華々しいキャリアの最終日を迎えようとしていた。そこへ香港の米国大使館からビショップが中国で投獄されたとの電話が入り…。

引用:U-NEXT

『スパイ・ゲーム』はブラッド・ピットとロバート・レッドフォードという、新旧のハリウッド映画スターが共演した映画です。

『ブレードランナー』で知られるリドリー・スコット監督の弟、トニー・スコットが監督をしています。

他の作品でいうと『トップガン』もトニー・スコット監督です。

いのかず
兄弟2人して作中にウイスキーを登場させていますね。
CIAの作戦担当ミュアーが、ベルリンにあるバーでバーテンダーにウイスキーを注文するシーン。

ザ・グレンリベット18年

ミュアーがバーで注文したウイスキーは【ザ・グレンリベット 18年 】でした。

スパイ映画ではだいたいマティーニを飲むものですが「12年以上のスコッチを飲む」のがミュアーのルールです。

いのかず
【ザ・グレンリベット 18年】はかなりコスパに優れたウイスキーで、フルーティーでフローラル、深い甘さとスパイシーさ、バランスのよい味わいです。

『スパイ・ゲーム』が視聴可能な動画配信サービス

サンローラン

ABOUT

革新的コレクションを発表して時代のちょう児となったイヴ・サンローランだが、過密日程の中で新たなデザインを創造するプレッシャーに苦しんでいた。そして危険な愛人・ジャックと刹那的な快楽にふけるうち、ついに1枚のデザイン画も描けなくなってしまう。

引用:U-NEXT

フランスのデザイナー:イブ・サンローランの絶頂期の光と影を描いた伝記映画です。

イブ・サンローランは同性愛者で、ありのままの同性愛カップルのさまも描かれています。

イブ・サンローランが服のデザインをスケッチしているときにウイスキーを飲むシーン。

シーバスリーガル12年

 イブ・サンローランが作業中に飲むのが、スコッチのブレンデッドウイスキーシーバスリーガル 12年です。

僕もブログ作業中はウイスキーを飲むことが多く、ウイスキーにはインスピレーションを湧かせる効果があるのでは!?と思ってしまいます。

いのかず
【シーバスリーガル 12年】はなめらかな舌触りと、しっかりとしたハチミツの甘さ、ハーブのような香りが特徴です。

『サンローラン』が視聴可能な動画配信サービス

グリーンブック

ABOUT

時は1962年、トニー・リップはニューヨークの一流ナイトクラブで用心棒を務めていた。ある日、トニーは天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリーの運転手としてスカウトされる。なぜか彼は差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいて…。

引用:U-NEXT

『グリーンブック』は、黒人のジャズピアニストであるドン・シャーリーと、ドンの運転手兼ボディガードをすることになる白人の警備員トニー・ヴァレロンガによって実際に行われた、アメリカ南部を回るコンサートツアーにインスパイアされた伝記映画です。

黒人差別が色濃く描かれており、見ていてツラくなるシーンも多々あります。

トニーとドンが打ち解けてきて、二人で酒を飲み交わすシーン。

カティサーク

ドンがツアーを回る際、毎晩飲んでいるのがスコッチのブレンデッドウイスキーカティサークです。

黒人差別にあらがう中で、ウイスキーが唯一の心の癒やしだったのでしょう。

いのかず
【カティサーク】はライトで飲みやすく、甘くフローラルな味わいが特徴です。常用酒にはもってこい!

『グリーンブック』が視聴可能な動画配信サービス

キングスマン:ゴールデン・サークル

ABOUT

英国スパイ機関・キングスマンは、謎の組織、ゴールデン・サークルの攻撃によって壊滅してしまう。生き残ったエグジーとメカ担当のマーリンは、スパイ機関・ステイツマンの協力を得るためアメリカに渡る。しかし、ステイツマンとはことごとく文化が異なり…。

引用:U-NEXT

『キングスマン:ゴールデン・サークル』は、キングスマンシリーズの第2作目です。

アクションシーン、ファッション、コメディ、下ネタ、ぶっ飛んだな演出と、英国紳士に似つかわしくない内容の部分は若干ありますが、お酒好きなら見逃せない映画でしょう。

コリン・ファース演じるハリーは「Manners maketh man.(マナーが紳士を作る)」という、英国紳士ならではの名言を残しました。

お酒が出てくるシーンはたくさんあり、タロン・エガートン演じるエグジーは、潜入したパーティー会場でマティーニを頼むときに「マティーニをウォッカではなくジンで。ベルモットは入れず瓶を見て10秒ステアで。」と言います。

わざわざ「ウォッカではなくジンで」というところが、007にスパイ映画として対抗している感じがあっておもしろいです。

作中では、バーボンが優れているのか、スコッチが優れているのかを張り合うシーンも出てきます。

アメリカにあるスパイ機関「ステイツマン」の表向きの姿である「バーボンの蒸溜所」が出てくるシーン。

オールドフォレスター ステイツマン

実際に映画で出てくるウイスキーは映画オリジナルのウイスキーですが、バーボンウイスキーのオールドフォレスター ステイツマン 】は、【オールドフォレスター】と『キングスマン:ゴールデン・サークル』とコラボしたボトルです。

作中に出てくるアメリカのスパイ機関「ステイツマン」をイメージして造られています。

いのかず
度数が47.5度と、少し高めです。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』が視聴可能な動画配信サービス

まとめ:映画の小道具としてウイスキーは欠かせない!

「映画内オリジナルの銘柄」や「ボトルが登場しないがグラスにはウイスキーが注がれている映画」も合わせれば、ウイスキーが登場する映画はかなりの数になります。

ウイスキーは登場人物の性格や心情を表す小道具として、とても優秀です。

おいしいウイスキーを飲みながら観る映画は格別。

ぜひ皆さんも「ウイスキーが登場する映画」を観ながら「劇中に登場するウイスキー」を、登場人物の心情とリンクさせながら飲んでみましょう。

いのかず
いつもと違った視点・感情で観られます!

映画を観るならU-NEXTがおすすめ!

今回ご紹介した映画すべてが【U-NEXT】で視聴可能です。

また、お試し期間内(31日間)に解約すれば映画やドラマ、書籍が無料で見放題です。

他の動画配信サービスと比べ、月額2,189円(税込)と少し高いが、それを補って余るほどのメリットがあります。

U-NEXTのメリット

  • お試し無料期間が31日と長い
  • 見放題作品数が全動画配信サービスNo.1
  • 映画だけではなくドラマ、漫画、雑誌などの書籍も楽しめる
  • スマホならダウンロードして視聴可能
  • トライアル期間に600ポイントが付与される(最新作は600ポイントで視聴可能)
  • 有料会員は毎月1200ポイント付与

\31日間の無料トライアル!/

ウイスキーが登場する映画
最新情報をチェックしよう!