水割りがおすすめのウイスキーを価格別に紹介|おいしい作り方もプロが解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
水割りにおすすめのウイスキーを紹介
いのかず

バーテンダー/ブロガーのいのかず(@InoKazuBlog)です。いつもご覧くださって、ありがとうございます!

ハイボール人気に火がついている近年、ウイスキーの水割りを飲む人はかなり少数でしょう。

しかも驚くことに「水割りはおじさんが飲むイメージ」と思う人もいるくらいです。

でもバーテンダーの僕からすると、水割りほど奥の深い飲み方はありません。

そこで、今回の記事では「水割りにおすすめのウイスキー」をご紹介していきます。

いのかず

「銘柄が多くて何を選べばいいのかわからない!」という人は、記事の最後で特におすすめのウイスキーをご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【1,000円台】水割りにおすすめのウイスキー

1,000円台のおすすめウイスキー

水割り初心者の人は、

ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

ブラック&ホワイト」は、ラベルに描かれた黒のスコティッシュテリアと、白のウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアが目を引くウイスキーです。

バニラのような甘さ、シトラスのような爽やかさ、若草のようなフローラルさ、ほのかなスモーキーさが楽しめます。

香りはアルコール感があるのですが、水割りにするととても飲みやすく、甘くフルーティーな風味が強くなるのが特徴です。

いのかず

ゴルフウェアブランドに「Black & White」という同じロゴのブランドがありますが、実はこのウイスキーを由来として生まれたブランドです。

バランタイン ファイネスト

バランタイン ファイネスト
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

バランタイン ファイネスト」は、バランタインブランドの中でもっとも安価で気軽に試しやすい銘柄です。

なめらかな口当たり、バニラのような甘さ、ナッツのような芳ばしさ、優しいオーク香とスモーキーさが楽しめます。

ブランド内の等級が低いといっても、非常に味わいのバランスが良く、質の高さが光るウイスキーです。

いのかず

かなりコスパが高め!家飲み用に最適です!

ホワイトマッカイ スペシャル

ホワイトマッカイ スペシャル

生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

ホワイトマッカイ(ホワイト&マッカイ) スペシャル」は、熟成を3段階に分けておこなうのが特徴のウイスキーです。

キャラメルやドライフルーツのような甘さ、オレンジのような爽やかさ、ほのかなスパイシーさとビターさが楽しめます。

ライトで飲みやすい水割りが好みの人に特におすすめです。

いのかず

低価格帯でありながらも、世界的なウイスキーコンペティションで数多くの金賞を受賞しているのがすごい!

ハイニッカ

ハイニッカ
生産国日本
分類ブレンデッド
内容量720ml
度数39%

ハイニッカ」は、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝の「ひとりでも多くの人に、おいしいウイスキーを飲んでほしい。」という願いから生まれたウイスキーです。

ハチミツやモルトのような甘さ、シトラス系の爽やかさ、柔らかいオーク香、ほのかなビターさが楽しめます。

竹鶴政孝は、晩年にこのウイスキーの水割りをこよなく愛していたそうです。

いのかず

ラベルにも書かれている「Hi」は、原音に忠実な再現度という意味を持つ音楽用語「Hi-Fi(ハイファイ)」から来ているそう。

キリンウイスキー 陸

キリンウイスキー 陸(新ラベル)
生産国日本
分類ブレンデッド
内容量500ml
度数50%

キリンウイスキー 陸」は、グレーン原酒(トウモロコシなどが主原料)をメインに使っているため、少しだけバーボンウイスキーのような風味があるウイスキーです。

カラメルやバニラのような甘さ、オレンジのような爽やかさ、ナッツのような芳ばしさ、スパイシーな余韻が楽しめます。

度数は50%と高めですが、意外と口当たりは優しく、一般的なジャパニーズウイスキーとはまた違った味わいが楽しめるでしょう。

いのかず

日本の風土や食文化に合った味覚を追求して造られているそうです!

【3,000円前後】水割りにおすすめのウイスキー

3,000円前後のおすすめウイスキー

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

ジョニーウォーカーブラックラベル12年
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」はスモーキーな味わいが特徴的で、バランスが良くコスパに優れたウイスキーです。

水割りにすると、嫌味のないスモーキーさとドライフルーツのようなフルーティーさを感じます。

深く複雑な味わいになるため、何度飲んでも飲み飽きずに楽しめるでしょう。

いのかず

あまり水割りで飲まれる銘柄ではありませんが、実はとってもおいしいんです!

ザ・グレンリベット ファウンダーズ リザーブ

ザ・グレンリベット ファウンダーズ リザーブ
生産国スコットランド
分類シングルモルト
(スペイサイド)
内容量700ml
度数40%

ザ・グレンリベット ファウンダーズ リザーブ」は、グレンリベットブランドの中で最安価で、エイジングにこだわらずに造られたウイスキーです。

バニラのような甘さ、青リンゴやオレンジのようなフルーティーさ、若草のようなフローラルさ、オークの香ばしい風味が楽しめます。

水割りにすると、ライトな口当たりとフルーティーな味わいが際立つため、クセがなく誰でも飲みやすいでしょう。

いのかず

12年熟成が有名なので、ノンエイジのこちらはあまりスポットライトが当たらないのですが、それでも水割りにするとおいしいですよ!

バスカー

バスカー
生産国アイルランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

バスカー」は、熟成にバーボン樽・シェリー樽・マルサラワイン樽の3つの樽が使われるウイスキーです。

バニラのような甘さ、トロピカルなフルーティーさ、温かみのある樽香、ほのかなスパイシーさが楽しめます。

ライトなイメージがするアイリッシュウイスキーですが、このウイスキーは複雑かつしっかりとした味わいです。

いのかず

とてもフルーティーで、飲みやすいのに満足感のある水割りに仕上がります。

サントリーウイスキーオールド

サントリーウイスキーオールド
生産国日本
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数43%

サントリーウイスキーオールド」は山崎蒸溜所のシェリー樽原酒をベースに造られていて、サントリーのブレンデッドウイスキーの中でも、ちょうど真ん中のグレードに位置するウイスキーです。

ハチミツのような甘さ、洋梨やアプリコットのようなフルーティーさ、オーク香を感じます。

上品で深い甘みのある水割りになり、コスパもかなり高めです。

いのかず

どこのコンビニやスーパーに置いてあるからと言って、逆に嫌煙していた人も多いのでは?本当においしいので、ぜひ一度飲んでみてください!

スーパーニッカ

スーパーニッカ
生産国日本
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数43%

スーパーニッカ」は、「余市」「宮城峡」とニッカウヰスキーの各蒸溜所で造られる原酒がブレンドされているウイスキーです。

バニラのような甘み、リンゴのようなフルーティーさ、ほんのり香るスモーキーさが楽しめます。

低価格ながらとてもバランスの取れた味わいで、コスパはかなり良好です。

いのかず

一応500mlのボトルもあるので、お試しで飲んでみるのもよいかも!

【5,000円前後】水割りにおすすめのウイスキー

5,000円前後のおすすめウイスキー

シーバスリーガル ミズナラ 12年

シーバスリーガル ミズナラ 12年
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

シーバスリーガル ミズナラ 12年」は、熟成の最後にミズナラ樽でフィニッシュ(後熟)してあるのが特徴で、日本のウイスキーファンに向けて造られたスコッチウイスキーです。

甘く繊細で、ハチミツのような甘さ、フレッシュなフルーティーさ、独特のハーブ感があります。

クセがなくてスッキリしつつも甘く優しい味わいは、水割り初心者にもおすすめです。

いのかず

ミズナラ樽由来の味わいはあまり感じられませんが、味だけで言うと普通においしい!

バランタイン 17年

バランタイン 17年
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数40%

バランタイン 17年」は飲みやすさもあり、複雑味もあり、多彩な味わいを楽しめるバランスに優れたウイスキーです。

クリーミーな口当たりで、バニラのような甘さ、柑橘系の爽やかさ、ほんのりスモークも香り、コクのあるリッチな味わいが楽しめます。

17年熟成と比較的超熟なのに素晴らしいコスパなので、ぜひ一度試していただきたいです。

いのかず

17年熟成のウイスキーが今普通の価格で買えるのは、本当に貴重…

ロイヤルロッホナガー 12年

ロイヤルロッホナガー 12年
生産国スコットランド
分類シングルモルト
(ハイランド)
内容量700ml
度数40%

ロイヤルロッホナガー 12年」は、蒸溜所にビクトリア女王を招待したときに、英国王室御用達である「ロイヤル」の称号を授かった、由緒のあるウイスキーです。

ハチミツのように甘く優しい口当たりで、フローラルな風味や香木のような華やかな風味が楽しめます。

ロイヤルの名に恥じない、素晴らしい出来の良さです。

いのかず

やっぱりロイヤルと名が付くウイスキーは全部おいしいですね!

カリラ 12年

カリラ 12年
生産国スコットランド
分類シングルモルト
(アイラ)
内容量700ml
度数43%

カリラ 12年」は、クセの強いアイラモルトの中でも、かなりバランスの取れたウイスキーです。

しっかりとしたスモーキーさはありますが、トゲトゲしくなく、バニラの甘さとシトラスの爽やかさ、潮気、スパイシーさと、1本でいろんな味わいが楽しめます。

クセはありつつも、優しさも感じられる水割りが楽しめるでしょう。

いのかず

アイラモルトの中では僕が1番好きなウイスキーです。

ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブ
生産国アメリカ
分類バーボン
内容量750ml
度数43.2%

ウッドフォードリザーブ」は、バーボンでありながら、アイリッシュシングルモルトのようにポットスチル(単式蒸溜器)で3回蒸溜して造られるのが特徴です。

バニラのような甘さ、オレンジやミントのような爽やかさ、バナナやメロンのようなフルーティーさ、豊かなオーク香が楽しめます。

水割りにするとメロン感が非常に強く、上品で複雑な味わいで、エグみもなくとても飲みやすいでしょう。

いのかず

バーボンの水割りを飲む人はあまりいないでしょうが、このウイスキーはとても馴染みがいいんです!カクテルベースとしても優秀なだけはあります。

WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)
¥4,132 (2024/06/19 21:18時点 | Amazon調べ)

【7,000円以上】水割りにおすすめのウイスキー

7,000円以上のおすすめウイスキー

シーバスリーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュ

シーバスリーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュ
生産国スコットランド
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数43%

シーバスリーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュ」は、先程ご紹介した「シーバスリーガル ミズナラ 12年」の上位モデルです。

こちらも熟成の最後にミズナラ樽でフィニッシュ(後熟)していますが、こちらはしっかりとミズナラ樽由来の味わいが楽しめます。

オリエンタルな香りにハチミツの甘さ、ショウガのようなスパイシーさも感じ、優しいながらもリッチで奥行きのある風味です。

いのかず

価格はそれなりにしますが、それを超える味わいがあるため、コスパとしてはけっこう良し!

クライヌリッシュ 14年

クライヌリッシュ 14年
生産国スコットランド
分類シングルモルト
(ハイランド)
内容量700ml
度数46%

クライヌリッシュ 14年」は、オイリーかつクリーミーな飲み口が特徴のウイスキーです。

バニラ系の甘さとリンゴのようなフルーティーさ、シトラスのような爽やかさ、ゆるやかなスモーキーさと、複雑な味わいでで飲みごたえがあります。

優しさはありつつもしっかりとした飲み心地で、ウイスキー初心者から飲み慣れた人まで、幅広い人におすすめです。

いのかず

Amazonでは7,000円を切ることもありますが、上回ることもあるのでこの価格帯に載せました!僕が1番好きな銘柄なので、ぜひ飲んでもらいたい!

クライヌリッシュ
¥7,600 (2024/06/18 01:57時点 | Amazon調べ)

グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスク フィニッシュ

グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスク フィニッシュ
生産国スコットランド
分類シングルモルト
(ハイランド)
内容量700ml
度数46%

グレンモーレンジィ ネクター・ドール ソーテルヌカスク フィニッシュ」は、デザートワインの1つ「ソーテルヌ」の樽でフィニッシュ(後熟)してある珍しいウイスキーです。

ハチミツのような甘さと柑橘系の爽やかさも感じ、アルコールの刺激はほとんど感じないほど優しい口当たりが楽しめます。

スッと染み込むような優しい味わいと華やかな風味は、ウイスキーを飲み慣れていない人や女性にもおすすめです。

いのかず

度数は46%と高いのに、シルキーななめらかさがあります。

響 JAPANESE HARMONY

響 JAPANESE HARMONY
生産国日本
分類ブレンデッド
内容量700ml
度数43%

響 JAPANESE HARMONY」は、サントリーのブレンデッドウイスキーの中でも最上位にランクするウイスキーです。

ハチミツのような甘さ、トロピカルなフルーティーさ、ナッツのような芳ばしさ、オリエンタルな樽香、優しいスパイシーさが楽しめます。

ブレンデッドウイスキーの最高峰といわれるだけはあり、口当たりはとてもなめらかで、水割りにすると風味がより華やいで感じられるでしょう。

いのかず

ちなみに、この価格帯にしているのはプレミアム価格が1万5千円以上するからです。定価は5,500円ですが、よっぽど運が良くないと市場ではまず手に入りません。

山崎

山崎
生産国日本
分類シングルモルト
内容量700ml
度数43%

山崎」は、世界に誇る(世界的にも高い評価を受けている)ジャパニーズシングルモルトウイスキーです。

ミズナラ樽・ワイン樽をはじめ、さまざまな樽を使って熟成された原酒を使用しているので、繊細かつ複雑な味わいが楽しめます。

バニラの甘さ、ベリー系のフルーティーさ、華やかなオーク香を感じ、柔らかくてシルキーな口当たりです。

いのかず

こちらもプレミアム価格でこの価格帯に掲載しています!

【プロが解説】水割りのおいしい作り方

水割りを作るときに知っておきたい知識

この記事の冒頭でも触れましたが、水割りは本当に奥深い飲み方です。

一歩間違えればまずくもなり、おいしく作れば最高の飲み方にもなり得ます。

そこで、バーテンダーである筆者が、水割りのおいしい作り方を、ポイント別に解説。

初心者の人は少々めんどくささを感じるかもしれないので、おいしく作りたい人だけ参照してください。

いのかず

いろんな作り方があるので、紹介する作り方だけが正解ではありません。しかし実は僕、自分で言うのもおかしな話ですが、かなりプロフェッショナルなマスターのもとでやっているので、その辺で手に入る情報よりは確実に参考になるはずです!

おいしい水割りを作るために持っておきたいツール

本当においしく水割りを作ろうと思ったら、最低限用意したいツールがありますので、ご紹介します。

用意したいバーツール
  • メジャーカップ
    お酒の量を測るカップ。水割りやソーダ割りはもちろん、カクテルメイクにも使う。10ml・15ml・20ml・30ml・45mlが測れるものがおすすめ。
  • バースプーン
    液体を撹拌させる、バーテンダーが使うマドラー様のスプーン。バースプーンを使って撹拌することをステアという。螺旋が細かく、長めのものがおすすめ。

下記のリンクに、まず買って間違いないという商品を載せておきました。

いのかず

バーツールについて詳しく知りたい人は、以下の記事も併せてご覧ください。より詳しくどんな道具かがわかります!

おいしい水割りの作り方を徹底解説

少々面倒かもしれませんが、家で作る場合は季節や室温でステアの回数は変わります。

氷の溶け方が違うため、冬なら回数多め、夏場は少なめにしましょう。

いのかず

以下の作り方は、約15℃くらい(冬場でわずかに暖房が効いているくらい)の室温下での作り方です。もう少し室温管理できているバーでのステア回数とはまた異なります。

STEP
冷やしたグラスにウイスキーを注ぐ

グラスはあらかじめ、冷蔵庫もしくは冷凍庫(もちろん庫内がクサい場合はNG)で冷やしておきましょう。

サイズは10ozタンブラーがおすすめです。(おすすめのグラスは後ほど紹介)

グラスが用意できたら、ウイスキーを30ml注ぎます。

いのかず

面倒でなければ、冷えてないグラスに氷を入れてステアし、グラスチルド(氷を使ってグラスを冷やす)してもかまいません!そのときは、溶けた水は一回捨てましょう!

STEP
純氷をグラスの7~8分目程度まで入れる

冷凍庫の製氷皿でできるような、白く濁った氷は使わず、コンビニやスーパーで買えるようなかち割り氷を使ってください。

氷の解けるスピードを遅くするためにも、小さな氷ではなくなるべく大きな氷を使いましょう。

さらに大切なのは、氷の分量はグラスの7~8分目までということです。

よくネットやYouTubeなどで、グラスに目一杯氷を入れているのを見ますが、飲むたびに唇に激しく氷のカドが当たって飲むときに大きなストレスを感じるため、完全に間違いだと知っておきましょう。

いのかず

そんなことをする一流のバーは、まず見たことがありません。

STEP
バースプーンでステアする

ウイスキーの香り立ちが良くなるまで、しっかりとステアしましょう。

僕の感覚で言えば、※50回以上は普通にしてもまったく問題ありません。(10回程度だとむしろ少ない)

ステアしながら香りの変化に気づくのは大変ですが、そこまでしっかりとステアすると、できあがった水割りが柔らかい風味と口当たりになります。

大きめの純氷を使っていればそんなに溶けないので、怖がらずしっかりめにステアしましょう。

いのかず

後で入れる水とウイスキーが同じくらいの温度になることも重要です。温度差があると氷が溶けやすくなってしまいます。

※夏場はもっと少なくても香り立ちに変化がある

STEP
ミネラルウォーターを注ぐ

使う水は、柔らかい口当たりとクリアな味に仕上げるためにも、ミネラルウォーターがおすすめです。

水道水は風味が悪くなるため、絶対に使わないでください。(ビックリするくらい味が変わります)

肝心な水の量ですが、ウイスキー:水=1:2.5くらいの比率にしましょう。

お好みで水を減らす分にはかまいませんが、これ以上水量を増やすと、味がボヤけて単にペラっとした水割りに仕上がります。

いのかず

ソーダ割りは1:3くらいでちょうど良いのですが、水割りは1:2.5がおすすめ!

STEP
全体を馴染ませるようにステア

最後にまたステアをするのですが、この時のポイントは、バースプーンを上下させることです。

使い慣れてないうちは難しいのですが、なれると徐々にできるようになります。

回数で言えば、※多くても20回程度でよいでしょう。

いのかず

温度がぬるいとエグみやアルコール刺激が出ますし、冷えすぎても甘みやその他の風味が閉じるので注意!

※夏場はもっと少なくても香り立ちに変化がある

FINISH
おいしい水割りが完成!

作り方がよくわからないよという人は、過去にX(旧Twitter)にアップした動画を見てみたください。

水割りにおすすめのウイスキーまとめ

各価格帯で1番おすすめのウイスキー

水割りを好んで飲む人は、比較的少数です。

しかし、家でもおいしい水割りが作れるようになれば、他の飲み方では体験できないような、「身体にスッと染み渡って、心がホッと落ち着く」という家飲み体験ができるでしょう。

まだ飲んだことのない銘柄があったら、これを機にぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか。

いのかず

この記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでのシェアやブログのブックマーク、下記リンクからのご支援をお願い致します!

\このブログが役にたったと思ったら/

水割りにおすすめのウイスキーを紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑

Please Share!!

Comment

コメントする

CAPTCHA

目次